【白ナンバーはコチラ】
アルコール検知器義務化対応!
飲酒検査クラウド管理システム「ホワイト安全キーパー」

コラム一覧|IT点呼キーパー

コラム一覧

点呼に関する様々な情報や豆知識を、コラムとして配信しています。

カテゴリから探す

すべてのコラム

  • 運行管理者試験とは?日程や出題内容・難易度と受験対策のポイントを解説 法改正・規則

    運行管理者試験とは?日程や出題内容・難易度と受験対策のポイントを解説

    働き方改革関連法の適用猶予期間終了によって生じる課題、いわゆる2024年問題が話題になっていますが、その先の日本は2030年問題というさらなる課題に直面すると予想されていることをご存知でしょうか。安全運転をして当たり前と見られるトラック、バス、タクシーなどのプロドライバー。しかし彼らも人間であるため、常に万全の状態で運転できるとは限りません。体調が悪いのに無理をして運行し、事故を起こしたら当事者や会社、乗客や顧客など多くの人に被害がおよびます。

  • 物2024年問題とは?物流業界への影響や対応策をわかりやすく解説 法改正・規則

    2024年問題とは?物流業界への影響や対応策をわかりやすく解説

    2024年4月1日より適用されるドライバーへの時間外労働に対する上限規制。慢性的な人材不足が続く運送業界において、1人あたり1日に任せられる仕事量が抑制される今回の制度に頭を悩ませている運送事業者の方も多いのではないでしょうか。

  • 運送業界向けAI導入・活用事例~物流危機を人工知能で解決~ 時事ネタ

    運送業界向けAI導入・活用事例~物流危機を人工知能で解決~

    物流業界が抱える課題を解決するために、人工知能(以下、AI)が活用されていることをご存知でしょうか?AIなどの最新技術を活用して、物流業界のコスト削減・業務効率化を実現する「スマートロジスティクス」という言葉が近年注目されています。また、国土交通省も物流DXを掲げ、物流業務の効率化や生産性の向上をすすめ、物流のあり方を革新するよう推奨しているという背景があります。

  • 旅客運送事業者も導入しやすい?【改訂版】遠隔点呼を徹底解説 時事ネタ

    旅客運送事業者も導入しやすい?【改訂版】遠隔点呼を徹底解説

    「遠隔点呼の内容が変わったらしいけれど、何がどのように変わったの?」「当社も対面点呼に代えて遠隔点呼を導入するべき?」「簡単・低コストで遠隔点呼を導入できるシステムはないかな?」この記事では、このようなお悩みを持つ旅客運送事業者(バス・タクシー会社)向けに、以下の点をご紹介します。

  • 助成金と補助金の違いとは~運送事業者向け助成金・補助金まとめてみました~ 時事ネタ

    助成金と補助金の違いとは~運送事業者向け助成金・補助金まとめてみました~

    皆様は助成金・補助金制度をご存じでしょうか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。原油価格高騰や資材の物価高騰によって多くの運送業者は経営改善を迫られていることから、デジタル化・DXの悩みを

  • 遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請ルールが令和5年4月から変更 法改正・規制

    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請ルールが令和5年4月から変更

    2022年(令和4年)4月より開始した「遠隔点呼」ですが、2023年(令和5年)3月31日以降ちょっとした変化があったことをご存じでしょうか。これに伴い、遠隔点呼の要件や申請方法が変更されました。そこで本記事では遠隔点呼の定義をおさらいし、2023年4月1日以降の申請方法について解説しますのでトラック事業者の方は参考にしてください。

  • 運送業におけるグリーン経営とは? マネジメント

    運送業におけるグリーン経営とは?

    運送業におけるグリーン経営という言葉を聞いたことがありますか?トラック運送業においても、経営課題として環境保全に取り組むことは今や避けて通ることはできません。そこで注目を集めているのが、グリーン経営です。グリーン経営の取り組みが充実してきたら、

  • 正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~ 法改正・規制

    運送業が巡回指導の対応でやっておくべきこととは?

    国土交通省は巡回指導の結果、悪質と見られるトラック運送業者への監査を強化するとし、令和5年4月1日から新しい制度の運用を開始しています。新制度のもとDあるいはEの評価を受けた運送業者数の6割減を目指して、巡回指導の頻度を半年に1回に高めることになりました。

  • 正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~ 法改正・規制

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    自動車運送事業における点呼は、輸送の安全を確保するために法令により実施が義務付けられている業務です。ICTの技術革新が目覚ましいことから対面点呼に代わる遠隔点呼が実施できるようになり、令和4年4月1日から申請がスタートしています。北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼でした。

  • <アフターレポート>運行管理者様必見!乗務後自動点呼制度の概要と対応のポイント 時事ネタ

    <アフターレポート>運行管理者様必見!乗務後自動点呼制度の概要と対応のポイント

    2023年1月より、自動車運送事業者は乗務後自動点呼を実施できるようになりました。乗務を終了したドライバーに対する点呼を自動化することで、運行管理の高度化はもとよりドライバーや運行管理者の働き方改革につながるとして期待されています。乗務後自動点呼の導入にあたっては、自動で点呼を行うための点呼機器に関する要件や認定制度について知ることが大切です。

  • 運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる? 時事ネタ

    運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる?

    2024年4月からトラックドライバーの時間外労働に上限規制が適用されるため、働き方改革実現に向けてトラック運送事業者は対応に迫られています。2023年現在、働き方改革関連法のトラック運送業への適用は猶予されていますが、2024年になるとトラック運送業界に大きな変化が起きるでしょう。

  • 今知りたい、乗務後自動点呼のあれこれ 法改正・規制

    今知りたい、乗務後自動点呼のあれこれ

    国土交通省は2023年(令和5)年1月から、乗務後自動点呼の運用がスタートしております。自動点呼は、遠隔点呼、運行指示者一元化などと一緒に「運行管理高度化検討会」で検討されている施策の1つです。トラックなどの自動車運送事業者に義務付けられている点呼を自動化する目的で、すでに機器認定制度が創設されています。

  • Gマーク認定とは - IT点呼の導入資格を解説 時事ネタ

    Gマーク認定とは~IT点呼の導入資格を解説~

    お客様からよく「IT点呼は誰でも導入できるの?」という質問をいただきます。現在、IT点呼の導入はGマークがなくても所定の条件下であれば使用することができますが、少し前まではGマークの取得が必須でした。

  • 働きやすい職場認証制度について 法改正・規則

    働きやすい職場認証制度について

    本制度は、平成30年6月より、国土交通省が旗振り役となり『自動車運送事業のホワイト経営の「見える化」検討会』において議論が行われ、制度設計について進められました。

  • 初めての安全運転指導~効果が出るためのポイントとは~ マネジメント

    初めての安全運転指導~効果が出るためのポイントとは~

    事業用自動車を使用していたり社用車で営業活動を行ったりしている企業にとって、安全運転を徹底させることは重要な課題です。社員を危険な目にさらさないことは勿論ですが、万が一社員が事故を起こしてしまうことにより発生する企業へのレピュテーションリスクも測り知れません。車を運転する従業員に対して、法的に安全運転指導を実施することが必要とされています。

  • 運送業の業務効率化に欠かせない4つのポイント 時事ネタ

    運送業の業務効率化に欠かせない4つのポイント

    運送業界をはじめ物流業界は、トラック輸送にまつわるさまざまな問題に直面しており、業務効率化に取り組む必要性に直面しています。中でも差し迫った課題として知られる「物流の2024年問題」に向けた対応策について、社内で協議されていますでしょうか?本記事では、運送業界においてなぜ業務効率化が叫ばれているのか、その背景や参考にしたい業務改善のポイント、おすすめのシステムについて解説します。

  • 点呼時の体温測定の重要性-非接触式体表温計と体温計の違いは? マネジメント

    点呼時の体温測定の重要性-非接触式体表温計と体温計の違いは?

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、従来の脇下で検温する接触式の体温計ではなく、非接触式体表温計を見かける機会が増えました。点呼時にはアルコール検知器を使用したアルコールチェックが義務付けられていますが、体温測定も運転者の健康状態を把握するために重要です。記事では、点呼時の体温測定の重要性や非接触式体表温計と体温計の違いをご紹介します。

  • 事業用自動車の事故防止のための点検ポイント マネジメント

    事業用自動車の事故防止のための点検ポイント

    業務で旅客や貨物を預かり移動するトラックやバス、タクシーなどは、事故に遭遇すると社会的に大きな影響を与えます。スムーズな運行と重大事故防止のために、運送事業者が行うのが車両の日常点検や定期点検です。本記事では、自家用と事業用の違い、事業用自動車の事故や飲酒運転状況のほか、今後の事故防止対策として点検ポイントについて説明します。

  • 飲酒運転事故(酒気帯び運転)と罰則について 法改正・規制

    飲酒運転事故(酒気帯び運転)と罰則について

    平成18年8月に、福岡県で幼児3人が死亡する飲酒運転による重大事故が発生しました。この事故が社会問題化したことを受けて、飲酒運転厳罰化や行政処分強化などの取り組みのほか、警察による飲酒運転根絶に向けた取り締まりの強化が行われています。悲惨な死亡事故につながる危険性は広く知られているにもかかわらず、飲酒運転による交通事故の発生が後を絶ちません。令和3年度には、飲酒運転の死亡事故率(交通事故件数に占める死亡事故件数の割合)は、飲酒なしの約9.2倍という結果がでています。

  • 運行管理者とは?選任方法や届出のポイントを解説 法改正・規制

    運行管理者とは?選任方法や届出のポイントを解説

    2020年から流行している新型コロナウイルスの感染拡大により、運行管理者試験が中止されるなどの影響がでています。運行管理者の選任予定が大幅に狂い、困惑されている事業者の方も多かったのではないでしょうか?

  • 点呼システム=IT点呼?概要から運用方法までご紹介 点呼システム

    点呼システム=IT点呼?概要から運用方法までご紹介

    デジタル化の波を感じて、運行管理者や経営者の方はデジタコの導入やアルコールチェック機器のIT化を検討されているのではないでしょうか。点呼システムを導入すると、何ができるのか?本コラムでは、点呼システムの概要や導入のメリット、導入した企業様の声まで幅広くご紹介いたします。

  • 白ナンバーのアルコールチェック義務化が気になる方へ押さえるべきポイントまとめ 白ナンバー

    白ナンバーのアルコールチェック義務化が気になる方へ押さえるべきポイントまとめ

    白ナンバー事業者は、自動車の運転前後のアルコールチェックが2022年4月1日から義務化されています。2022年10月1日からは段階的に、アルコール検知器の使用義務化が施行される予定でした。しかしアルコール検知器の供給状況が逼迫していることから、警察庁は当面の間の延期を発表し「道路交通法施行規則及び自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律の施行に伴う道路交通量施行規則の規定の読替えに関する内閣府令の一部を改正する内閣府令案」に対するパブリックコメントを募集しておりました。

  • 遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ 法改正・規制

    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ

    令和4(2022)年4月より、「遠隔点呼実施要領」に基づいた遠隔点呼の申請が開始されています。すでに実施されている「IT点呼」と新たに申請できるようになった「遠隔点呼」には、どのような違いがあるのでしょうか?

  • 安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~ 白ナンバー

    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~

    安全運転管理者と言えば来年2022年から業務が拡充されるという通達がありました。2022年4月からドライバーに対し目視でアルコールチェックを行った記録の保管義務が業務として追加、同年10月からはアルコール検知器を使ったアルコールチェックが義務化されます。このような動向から安全運転管理者の業務について、来年度以降の対策を検討されている企業様も多いのではないでしょうか。今回は安全運転管理者の選任条件や業務、役割などについてご紹介いたします。

  • 物流DXで運送業界の課題を解決 時事ネタ

    物流DXで運送業界の課題を解決

    DX(デジタルトランスフォーメーション)という単語を最近よく目にしますが、具体的にどのようなことを指すのかご存じでしょうか?DXとは「最新のデジタル技術を駆使して業務上の課題を解決し、新たなビジネスモデルを生み出すこと」を意味しています。

  • トラック運送業界における感染予防対策について 時事ネタ

    トラック運送業界における感染予防対策について

    ここ数年、運送事業における労働力不足や長時間労働、他業種に比べて低賃金傾向にある現状について、各所で指摘されてきていますが、中々改善が進まないのが現状のようです。2019年には改正労働基準法が施工され、運送事業の運転者においては5年の猶予が与えられましたが、2024年の適用開始までは残り3年となりました。

  • 点呼業務の重要性と健康把握ついて マネジメント

    点呼業務の重要性と健康把握について

    自動車運送事業に携わる方々にとって、「点呼」とは日々の業務の中で必ず行うものであり、ごく当たり前の事であると思います。「点呼」の内容やその重要性については、改めて説明するまでもありませんが、自動車運送事業に従事する方の健康維持や労働環境の改善などの観点から、改めて「点呼」の重要性が強く叫ばれる様になってきました。

  • ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ 時事ネタ

    ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ

    トラック運送業界は「安全で安心な輸送サービスを提供し続けること」が社会的使命であり、常に「安全」を最優先課題とされています。運送業界の主役のトラック事業は、自然災害が発生した際には支援物資の輸送・新型コロナウイルス感染症により物流の維持が求められた際には日本のライフラインとして活躍しています。

  • バス・タクシー事業所-車庫間のIT点呼 法改正・規制

    バス・タクシー事業所−車庫間のIT点呼が可能に−

    平成30年3月に国土交通省が旅客自動車運送事業運輸規則を一部改正したことにより、バス・タクシー事業でも、一定の要件を満たす優良な事業所での事業所−車庫間のIT機器を用いた点呼(IT点呼)が可能になりました。

  • IT点呼キーパーの導入で運行管理者の働き方が変わる 法改正・規制

    IT点呼キーパーの導入で運行管理者の働き方が変わる

    2018(平成30)年6月、働き方改革関連法が成立し、2019年4月から改正労働基準法が全産業を対象に施行されています。ワークライフバランスを改善しつつ労働生産性向上を図るとの考え方が示されており、トラックドライバーについては一般則とは別の取り扱いとなり、2024年4月から年960時間の時間外労働の罰則付き上限規制が適用されます。

  • 点呼とトラック運行指示書のポイント 法改正・規制

    点呼とトラック運行指示書のポイント

    2016年1月に発生した軽井沢スキーバス転落事故では、運行前点呼を実施しておらず、会社がドライバーに渡していた運行指示書には出発地と到着地のみしか記載されていないなどの杜撰な運行管理が明るみに出て大きな問題になりました。国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として全国の貸切バス事業者計310事業者を対象に集中監査を実施した結果、何らかの法令違反を確認した事業者数240(77.4%)、そのうち「運行指示書の作成等が不適切」として96事業者(31.0%)で記載内容や携行に問題があることが分かりました。

  • 血圧測定の重要性 マネジメント

    血圧測定の重要性

    近年、高血圧の運転者に突然発生する病気が起因となる交通事故のニュースを耳にすることが増えているのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、点呼時の血圧測定の健康状態を把握するための有益な情報をお伝えしていきます。

  • 点呼システム導入による点呼品質の向上 点呼システム

    点呼システム導入による点呼品質の向上

    近年の交通事故数は減少の傾向にありますが、運輸業における重大事故のニュースを目にする機会はあまり減っていない様にも感じられます。また、ドライバーの健康状態に起因する事故も多く耳にするようになり、ニュースでも乗務時の確認の重要性が叫ばれるようになって来ました。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    自動車運送事業における点呼は、輸送の安全を確保するために法令により実施が義務付けられている業務です。ICT技術の高度化が目覚ましいことから対面点呼に代わる遠隔点呼が実施できるようになり、令和4年4月1日から申請がスタートしています。また令和5年1月からは、乗務を終了したドライバーに対する点呼を自動で実施できる業務後自動点呼がスタートしました。北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼でした。点呼においては運転者の名前以外にも様々な確認項目があり、確実な点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても確実な点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々とあるでしょう。

  • 2

    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請ルールが令和5年4月から変更
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請ルールが令和5年4月から変更

    2022年(令和4年)4月より開始した「遠隔点呼」ですが、2023年(令和5年)3月31日以降ちょっとした変化があったことをご存じでしょうか。これに伴い、遠隔点呼の要件や申請方法が変更されました。そこで本記事では遠隔点呼の定義をおさらいし、2023年4月1日以降の申請方法について解説しますのでトラック事業者の方は参考にしてください。

  • 3

    法改正で貸切バス事業は何が変わる?事業者・バス運転者への影響とは
  • 法改正・規制
    法改正で貸切バス事業は何が変わる?事業者・バス運転者への影響とは

    2024年4月1日より、貸切バス事業に関する2つの制度が改正されます。●バス運転者の改善基準告示●貸切バスの安全性向上に向けた対策のための制度 この記事では、今回の制度改正について、以下の点をご紹介します。●制度改正の目的●制度の改正ポイント●改正されたら何がどう変わるのか 制度改正は、貸切バス事業者と実際に働く運転者にどのような変化をもたらすのか、事業を円滑に進めるために対応すべき点と具体的な対応策がわかりますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 4

    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ

    令和4(2022)年4月より、「遠隔点呼実施要領」に基づいた遠隔点呼の申請が開始されています。すでに実施されている「IT点呼」と新たに申請できるようになった「遠隔点呼」には、どのような違いがあるのでしょうか?対面点呼と比べると遠隔点呼とIT点呼は同義に見えることから、どうしても混乱しがちです。本記事では遠隔点呼とIT点呼の違いをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • 5

    運行管理者とは?選任方法や届出のポイントを解説
  • 法改正・規制
    運行管理者とは?選任方法や届出のポイントを解説

    2020年から流行している新型コロナウイルスの感染拡大により、運行管理者試験が中止されるなどの影響がでています。運行管理者の選任予定が大幅に狂い、困惑されている事業者の方も多かったのではないでしょうか?令和3年度(2021年)運行管理者試験からは、CBT試験(コンピューターを使用した試験方式)に全面移行することが決定しています。運行管理者の確保と運行管理者の業務負荷軽減は、多くの自動車運送事業者にとって早急に改善を図りたい重要課題の1つでしょう。

最新の製品情報や
ウェビナーなど
イベント情報を配信中

X(旧Twitter)ロゴIT点呼キーパーをフォローする