【白ナンバーの方はコチラ】
安全運転管理者のための飲酒検査クラウド管理システム
「ホワイト安全キーパー」

IT点呼キーパー|運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる?

運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる?

時事ネタ
  • 運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる? TOP画像
  • トラックドライバーの長時間労働を是正するために、2024年からは残業時間の上限規制が始まります。これは政府が推進する働き方改革の一環で、労働基準法の制定以来はじめての大改革です。


    そこで公益社団法人全日本トラック協会(以下、全ト協)は、具体的な「トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン」を策定いたしました。


    本記事では、ドライバーの労働時間や労働環境が今後どのように変わるのか解説します。

    2024年問題や働き方改革について理解を深めていただけましたら幸いです。ぜひ参考にしてください。

運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる? コラム1画像

2024年問題について

「2024年問題」とは、働き方改革関連法の施行に伴い、トラック運送事業者やトラック運転者が直面するさまざまな問題や業界が抱える課題を表す総称です。


罰則付き時間外労働の上限規制は大企業においては2019年の4月から、中小企業においては2020年の4月から導入されています。厚生労働省による「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」によると、改正点は次のとおりです。


  • 時間外労働(休日労働は含まず)の上限:原則として、月45時間・年360時間
    ※臨時的な特別の事情がなければ、上限規制を超えることは不可

一般企業では年間360時間の時間外労働で業務を遂行できるのかもしれませんが、「自動車運転の業務」への適用はすぐには難しいことが考慮されました。そこで、改正法施行5年後にあたる2024年4月まで、罰則付き残業時間の上限規制の適用が猶予されています。


しかし2024年4月以降は時間外労働が制限されることから、収入が減少する見込みのドライバーが離職したりトラック運送事業者の売上が減少したりするのではと懸念されているわけです。

運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる? コラム2画像

働き方改革が物流業界に与える影響

政府の推進する働き方改革によって、トラック運送業界はどのような影響を受けるのでしょうか?ここでは、働き方改革が物流業界に与える影響について見ていきましょう。

(1)トラックドライバーの時間外労働の上限規制

労働基準法で決められた法定労働時間(1日8時間、1週40時間、毎週少なくとも1日の休日)を超えて労働者に時間外労働・休日労働をさせるためには、労働者との間で「36(サブロク)協定」の締結が必要です。


運送事業者の場合、法改正前は、「残業時間の上限」は設けられていませんでした。猶予後の2024年4月1日からは、自動車運転者との間で「時間外労働及び休日労働に関する協定書を締結し、「特別条項つきの36協定届」を労働基準監督署へ届け出る必要があります。

罰則付き時間外労働の上限は次のとおりとなります。


  • 労働時間の延長上限は、年960時間(月平均80時間・休日労働は含まない)
  • 45時間を超えた延長が可能な月数に制限はない

また他の業種には適用される以下のような規制は、自動車運転の業務には適用されません。


  • 時間外労働と休日労働について「月100時間未満」「2〜6か月平均80時間以内」とする規制
  • 「時間外労働が月45時間を超えることができるのは年6か月まで」とする規制

なお時間外労働の上限に違反した場合には、次のような罰則規定が適用されることを注意点として知っておきましょう。


  • 6か月以下の懲役または30万円以下の罰金

(2)時間外労働への割増賃金引上げ

改正労働基準法によると、2023年4月1日より月60時間を超える時間外労働の割増賃金率が、中小企業において現状の25%から大企業と同じ水準である50%へと引き上げられます。


具体的な算出方法は、次のとおりです。


  • 1か月の起算日から時間外労働時間数を累計する
  • 60時間を超えた時点から50%以上の率で計算した割増賃金を支払う

なお時間外労働時間数が60時間以下の場合には、割増賃金率は現状どおり25%です。

(3)勤務間インターバル制度

働き方改革関連法の1つに、改正「労働時間等設定改善法」があります。この法改正で、勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を確保することが事業主の努力義務と規定され、勤務間インターバル制度が設けられました。


自動車運転者が「特別条項つきの36協定」を締結する場合には、健康福祉確保措置として勤務間インターバルを確保することが推奨されています。


また国土交通省は、働き方改革を推進する観点から睡眠不足に起因する事故防止対策を強化する法改正を発表しました。


そのため2018年6月から、睡眠不足のバスやトラック、タクシー運転手の乗務が禁止されているほか、点呼時に睡眠不足の状況について確認することも事業者に義務付けられています。


「第5回労働政策審議会労働条件分科会 自動車運転者労働時間等専門委員会 トラック作業部会」(令和4年5月19日)によると、労働者側から1日の休息時間はバスやタクシー同様に11時間の方向で見直しをすべきという意見がでています。


なお現状では、トラックドライバーの1日の拘束時間は13時間基本(最大16時間限度・15時間を超える回数は、1週間に月2回が限度)、1日の休息時間は勤務終了後、継続8時間以上です。

運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる? コラム3画像

運送業が抱える課題

長時間労働や低賃金などを背景に、トラック運送業界ではトラックドライバーの人材不足が深刻化しています。ここでは運送業が抱える課題について見ていきましょう。

(1)人材不足・ドライバーの高齢化

トラック運転者の人材不足が深刻化しており、職業としての魅力向上が業界全体の大きな課題です。


全産業と比べて平均年齢が高く、しかも平均年齢の上昇幅が大きいことで知られており、しかも実労働時間数が長く給与額が低い傾向にあることから、担い手が見つかりづらい状況が続いています。


そのため政府は「ホワイト物流」推進運動を展開して、女性や60代以上の運転者等も働きやすい労働環境づくりを目指しているわけです。

(2)労働環境・労働条件の改善

トラックドライバーの労働環境の改善には、トラック運送契約の書面化が必須です。しかし荷主からの個別の運送依頼に柔軟に対応できる運送引受書を作成する人材が不足しており、なかなか進んでいないのが実情だといえるでしょう。


また労働条件の改善については、優越的な地位にある荷主の協力が欠かせません。


運転時間と休憩時間の合計である拘束時間や、休息時間(勤務間インターバル)を定めた「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)」を厳格に守りたくても、荷主の要望に応えることを優先していると難しいからです。


さらに働き方改革が推進する「同一労働同一賃金ガイドライン」が盛り込まれた「パートタイム・有期雇用労働法」が、2021年4月から中小企業にも適用されています。


そこで正社員という選択だけでなく誰もが多様な働き方を自由に選択できるように、正規雇用者と非正規雇用者との間に見られる不合理な待遇差や格差を解消する取り組みがトラック業界においても求められているのです。


働き方改革では年5日の年次有給休暇の確実な取得の義務化も導入され、全ト協もアクションプランの中で、ドライバーの処遇改善として給与体系の見直しや年次有給休暇取得促進に努めるとしています。


なお全ト協のホームページでは「トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会特設ページ」を開設し取組を公開しているのでチェックしてみると良いでしょう。

(3)勤怠管理の強化

運送業の勤怠管理には、次のような特有の課題があります。


  • 不正打刻のリスク
  • ドライバーの勤務時間を正確に把握する難しさ
  • 運送業の職場では多様な雇用形態や勤務時間が存在し勤怠集計や給与計算のミスが起きやすい

上述のような課題を解決するために、勤怠管理を強化する必要があります。

(4)輸配送効率の向上

非効率がうまれやすく、改善が必要とされる業界特有の課題は次のとおりです。


  • 繁閑期への対応
  • 積載率の低下
  • 長距離輸送の低下

そこで運送業界では荷主とトラック運送事業者が協力しあって、輸配送の効率化を目指す取り組みをしています。


しかしこれらの課題の解決には、個別の荷主とトラック運送事業者単独の取り組みでは対応が難しいのが現状です。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ

    令和4(2022)年4月より、「遠隔点呼実施要領」に基づいた遠隔点呼の申請が開始されています。すでに実施されている「IT点呼」と新たに申請できるようになった「遠隔点呼」には、どのような違いがあるのでしょうか?対面点呼と比べると遠隔点呼とIT点呼は同義に見えることから、どうしても混乱しがちです。本記事では遠隔点呼とIT点呼の違いをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • 3

    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。

    遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。遠隔点呼とは、自動車運送事業者が「遠隔点呼実施要領」で定める要件を満たす機器・システムを用いることにより遠隔拠点間での点呼が可能となるものです。今回は遠隔点呼について、実施要項のポイントを交えてご紹介いたします。

  • 4

    Gマーク更新【2022年度】~認定継続のメリット~
  • 時事ネタ
    Gマーク更新【2022年度】~認定継続のメリット~

    トラック業界において差別化を図る手法として、Gマークの取得・更新は注目を集めています。2021年3月末現在、全国の認定事業所および認定事業者数は26,940です。これは全事業所の31.2%、緑ナンバートラック全体の約5割に相当しGマーク認定事業所数は増加傾向にあります。

  • 5

    助成金・補助金を活用しよう~2021年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう~2021年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。