• 重要なお知らせ
  • 2023年12月1日、白ナンバー事業者のアルコール検知器を用いたアルコールチェックが義務化されました。

【緑ナンバーはコチラ】遠隔点呼対応!
運行管理者の労務改善を実現する
点呼システム「IT点呼キーパー」

コラム一覧|ホワイト安全キーパー

コラム一覧

白ナンバー事業者様向けに、アルコールチェックや安全運転管理に関する様々な情報や豆知識を、コラムとして配信しています。

  • アルコール検知器での検査をごまかすときに用いられる不正行為|不正を未然に防ぐ方法も解説 マネジメント

    アルコール検知器での検査をごまかすときに用いられる不正行為|不正を未然に防ぐ方法も解説

    「アルコール検知器での検査はごまかせる」このような話を聞いたことはありませんか。飲酒運転による悲惨な事故は、誰も得をしません。だからこそ、アルコール検知器を使って検査をすることは重要で、不正を防ぐことは大切です。そこで今回は、過去にあった不正事例とそれに対する防止策をご紹介します。さらに、さまざまな不正な手法を防げるツールもご紹介しますので、飲酒運転による事故撲滅を強化したい管理者の方はぜひ最後までご覧ください。

  • アルコールチェックの保存期間は?保存方法はクラウドと紙管理どっちがいい? マネジメント

    アルコールチェックの保存期間は?保存方法はクラウドと紙管理どっちがいい?

    2022年4月からのアルコール検査の記録保管義務化に始まり、2023年12月1日からは業務に自動車の運転を伴う事業者に対して、自家用・事業用を問わずアルコール検知器(アルコールチェッカー)によるアルコールチェックが義務付けられました。人手不足にお悩みの事業者の方は、少しでも簡単・確実に実施できる方法を取り入れて対応したいとお考えではないでしょうか。そこでこの記事では、アルコールチェックの必要性・アルコールチェックで記録すべき内容から、アルコールチェック記録簿の保管期間・おすすめの管理方法まで、いますぐ活用できるお役立ち情報を解説します。

  • 運転日報とは?法律で定められた義務の内容や書き方・保管方法を紹介 マネジメント

    運転日報とは?法律で定められた義務の内容や書き方・保管方法を紹介

    運転日報は、企業活動において自動車を使用する際に必須とされる記録です。実際に運送業や、社有車を保有し商品の配達などに活用している企業では、社内で運転日報の作成が義務付けられているでしょう。ところでなぜ運転日報を作成し保管する必要があるのか、その理由をご存じでしょうか?本記事では、運転日報を義務付ける法律・記載事項などの基礎知識・業務フローについてわかりやすく解説します。

  • アルコールチェックを実施する安全運転管理者とは?役割を解説 白ナンバー

    アルコールチェックを実施する安全運転管理者とは?役割を解説

    2023年12月より、白ナンバー事業者においてもアルコール検知器を使用したアルコールチェックが義務化されました。営利目的で自動車を運転するわけではないのに、なぜ事業用自動車(緑ナンバー車)を扱う企業と同等の検査を行わなければならないのか。疑問を持つと同時に業務量が増えることに不満を抱く事業者の方もいらっしゃるでしょう。白ナンバー事業者のアルコールチェック義務化の理由は、飲酒運転撲滅の一環として自動車の使用目的に関係なく、従業員に自動車を運転させるなら事業者として飲酒運転をさせない努力をするのは当然の責務だからです。

  • 直行直帰時のアルコールチェックはどうする? 法改正・規制

    直行直帰時のアルコールチェックはどうする?

    従来、アルコールチェック義務化は、有償で運搬するトラック・バスなどの緑ナンバー事業者を対象にしていました。しかし、2022年(令和4年)4月1日から改正道路交通法施行規則が施行され、自家用車や社用車を使っての営業活動や自社製品の運搬で利用する白ナンバー事業者に対しても、アルコールチェック義務化が拡大されました。業務としての運転前後、あるいは出勤前や退勤時、運転を含む業務の開始前や終了時に運転者の酒気帯びの有無を確認し、その記録を1年間保存することが必要になりました。そして、2023年(令和5年)12月1日からはアルコール検知器を使用したアルコールチェックが義務化されます。

  • 白ナンバーのアルコールチェック義務化、押さえるポイントを解説 白ナンバー

    白ナンバーのアルコールチェック義務化、押さえるポイントを解説

    2023年12月1日より、白ナンバー事業者はアルコールチェック時の検知器使用が義務化されます。白ナンバー事業者の自動車運転前後のアルコールチェックは2022年4月1日から義務化されており、2022年10月1日にはアルコール検知器の使用義務化が段階的に施行される予定でした。

  • 飲酒後は何時間待てば運転していい?運転者以外にも罰則はある? マネジメント

    飲酒後は何時間待てば運転していい?運転者以外にも罰則はある?

    仕事後の晩酌は1日の疲れを癒し、明日への活力源になる一方で、深酒がたたり翌日にお酒が残ってしまっては事業者としては困ってしまいます。プライベートでの飲酒は個人の自由。プロとして節制は必要でも強制的に禁止するわけにもいかず、対応に苦慮されている事業者の方もいらっしゃるでしょう。

  • アルコール検査記録簿には何を書くべき? 法改正・規制

    アルコール検査記録簿には何を書くべき?

    2022年(令和4年)4月1日施行の道路交通法施行規則の一部改正により、車両乗車時のアルコールチェックの義務化が、白ナンバー事業者にまで拡大されたことをご存知でしょうか?有償で運送を行うタクシーやトラックなどの緑ナンバー車両では、

  • 車両管理とは?初めての人に向けたあれこれをご紹介 マネジメント

    車両管理とは?初めての人に向けたあれこれをご紹介

    従業員が営業活動をしやすいように社用車を保有している企業にとって、重要視される業務が「車両管理」です。重要な資産である従業員と車両を守るためには欠かせない業務といえるでしょう。とはいえ車両は管理者の目が届きにくい社外で使われるため、管理は簡単ではありません。

  • レンタカーでアルコールチェックは必要?状況別解説! マネジメント

    レンタカーでアルコールチェックは必要?状況別解説!

    2022年(令和4年)4月1日 から道路交通法施行規則の一部改正にともない、一定台数以上の白ナンバー車両を保有し安全運転管理者を選任している事業所において、自動車の使用者のアルコールチェックが義務化されました。

  • 業務中の車両事故報告書の書き方は? マネジメント

    業務中の車両事故報告書の書き方は?

    業務中に車両事故が発生した場合、どの会社でも事故の規模にかかわらず事故報告書を提出するのではないでしょうか?トラック運送事業者であれば「自動車事故報告書等の取扱要領」に則り、重大な事故発生後は30日以内に運輸局に報告する必要があります

  • 社有車の車検で気を付けるべきことは? マネジメント

    社有車の車検で気を付けるべきことは?

    自家用乗用車を所有している人は、新車の初回車検は3年に1度、中古車は2年ごとに1度の頻度で車検を受ける必要があります。車検は正式名称を「自動車継続検査」といい、車が「道路運送車両法」に定められた安全・環境基準に適合しているどうかを確認するための検査です。では会社で所有している社有車の車検においては、どのような手続きを踏めばいいのでしょうか?実際に自家用乗用車と社有車の車検には、いくつか違いがあるので注意が必要です。

  • 業務委託先の運転手のアルコールチェックは必要なの? 白ナンバー

    業務委託先の運転手のアルコールチェックは必要なの?

    道路交通法施行規則の改正に伴い、安全運転管理者の業務の拡充等が2022年(令和4年)4月1日から始まりました。2022年(令和4年)の道路交通法施行規則の改正は、警察庁の飲酒運転根絶に向けた取り組みの一環であり、

  • 営業車の事故防止に必要な対策とは マネジメント

    営業車の事故防止に必要な対策とは

    車両管理の担当者にとって、社用車がからむ交通事故は頭の痛い問題です。従業員の過失により交通事故を起こすと、会社の社会的責任が問われたり損害賠償金を請求されたりするほか、企業イメージが損なわれます。管理者は交通事故の可能性を最小化させるために、リスクの存在を把握し事故発生時の対応策を事前に決めておくことが重要です。本記事では、営業車事故における責任の所在を明らかにし、事故防止に必要な対策を解説します。

  • マイカー通勤のリスクとは?通勤時のアルコールチェックは必要? マネジメント

    マイカー通勤のリスクとは?通勤時のアルコールチェックは必要?

    新型コロナウイルス感染症の影響で、公共交通機関利用による密を避ける目的でマイカー通勤を希望する従業員が増えています。政府も混雑緩和のために時差通勤やテレワークを推進していることから、通勤手段としてマイカー通勤を検討する企業も多いでしょう。マイカー通勤の導入にあたっては、万が一の事故やトラブルに対応できるよう事前に対策しておくことが大事です。本記事ではマイカー通勤のメリットやデメリット、導入にあたっての対策ポイントを解説します。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    飲酒後は何時間待てば運転していい?運転者以外にも罰則はある?
  • マネジメント
    飲酒後は何時間待てば運転していい?運転者以外にも罰則はある?

    仕事後の晩酌は1日の疲れを癒し、明日への活力源になる一方で、深酒がたたり翌日にお酒が残ってしまっては事業者としては困ってしまいます。プライベートでの飲酒は個人の自由。プロとして節制は必要でも強制的に禁止するわけにもいかず、対応に苦慮されている事業者の方もいらっしゃるでしょう。業務に支障をきたさない範囲で飲酒を許可する指導法はないものか?このようにお悩みの事業者や管理者向けに、当記事では以下の点について解説します。

  • 2

    アルコール検査記録簿には何を書くべき?
  • 法改正・規制
    アルコール検査記録簿には何を書くべき?

    2022年(令和4年)4月1日施行の道路交通法施行規則の一部改正により、車両乗車時のアルコールチェックの義務化が、白ナンバー事業者にまで拡大されたことをご存知でしょうか?有償で運送を行うタクシーやトラックなどの緑ナンバー車両では、すでに出庫後・帰庫後の点呼におけるアルコールチェックが義務化されていました。国土交通省も飲酒運転の防止等法令遵守の徹底について通達を出すなどして、ドライバーの意識向上を目指しているところです。今回の改正により、今後は社用車等を利用する白ナンバー車両においても運転前後のアルコールチェックを必ず実施することになります。

  • 3

    白ナンバートラックとは?緑ナンバートラックとの比較解説
  • 白ナンバー
    白ナンバートラックとは?緑ナンバートラックとの比較解説

    街で走っているトラックのナンバープレートを見ると、白いナンバーと緑のナンバーの2種類があると思いますが、皆様はこの違いについてご存知でしょうか?今回は運送業界でよく聞く白ナンバートラックとはどういう仕事・役割なのか、緑ナンバーとの違いとは何かを紹介したいと思います。

  • 4

    運転日報とは?法律で定められた義務の内容や書き方・保管方法を紹介
  • マネジメント
    運転日報とは?法律で定められた義務の内容や書き方・保管方法を紹介

    運転日報は、企業活動において自動車を使用する際に必須とされる記録です。実際に運送業や、社有車で商品の配達などに活用している企業では、社内で運転日報の作成が義務付けられているでしょう。ところでなぜ運転日報を作成し保管する必要があるのか、その理由をご存じでしょうか?本記事では、運転日報を義務付ける法律・記載事項などの基礎知識・業務フローについてわかりやすく解説します。運転日報の活用方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 5

    安全運転管理者が受講する法定講習とは?覚えておきたい注意点
  • 法改正・規制
    安全運転管理者が受講する法定講習とは?覚えておきたい注意点

    令和4年(2022年)4月より、改正道路交通法施行規則が順次施行され、アルコールチェックの義務化など安全運転管理者の業務が拡充しています。安全運転管理者になるためには資格要件が定められており、誰でもなれるわけではありません。また安全運転管理や交通安全教育等を行うにあたり、必要な知識を得られる法定講習を受講する必要があります。本記事では、安全運転管理者等およびその法定講習の概要や受講前に知っておきたい注意点について見ていきましょう。

最新の製品情報や
ウェビナーなど
イベント情報を配信中

X(旧Twitter)ロゴホワイト安全キーパーをフォローする