SenseThuder(AI温度検知ソリューション)

SenseThuder(AI温度検知ソリューション)

AI温度検知ソリューション「SenseThunder(センスサンダー)」はサーモグラフィーカメラ+AI顔認証システムを組み合わせたAI温度測定システムです。発熱リスクのある人をわずか0.5秒で識別することが可能です。
学校・保育園・医療施設・商業施設での健康管理や、オフィス・事務所での従業員の勤怠チェックにもご活用いただけます。

※本製品は医療機器でありません。体温測定や診断目的での温度検知には、医療機器を使用してください。

SenseThunder(AI温度検知ソリューション)の特徴

顔認識AIと体温推定AIの組み合わせにより、サーモグラフィで測定した体表温から誤差±0.3℃※で温度を推定可能です。

※SenseThunder-Eの場合です。SenseThunder-Miniの場合は、±0.4℃の誤差内で温度を測定します。

  • POINT
    01
    測定点の特定のイメージ

    測定点の特定

    AI顔認識より「額」の位置を特定。

  • POINT
    02
    体表温度の取得のイメージ

    体表温度の取得

    AIが特定した額位置からサーモグラフィカメラで一番高い体表温を取得。

  • POINT
    03
    AIによる温度推定のイメージ

    AIによる温度推定

    「体表温・体温・室温」の3種類のビッグデータにてディープランニングしたAIにより精度を向上。

わずか0.5秒で推定温度・マスク着用状態を非接触検知

通常時
通常時のイメージ

OK

  • 異常時
    異常時のイメージ
  • マスク非着用時
    マスク非着用時のイメージ
  • NG(音声orブザーで警告)

SenseThunder(AI温度検知ソリューション)の紹介動画

SenseThunder(AI温度検知ソリューション)についてYouTubeで分かりやすい動画でご紹介いたします。

活用シーン

多くの人が出入りする出入口/通路などで、発熱リスク・マスク着用の有無を検知します。またHDMI出力機能により、リアルタイムでのモニタリングチェックが可能。毎朝の体表温度測定を自動化・スタッフの出退勤管理など、幅広い用途にご活用いただけます。

  • 商業施設
    商業施設のイメージ
  • 公共施設
    公共施設のイメージ
  • オフィス
    オフィスのイメージ
  • イベント会場
    イベント会場のイメージ
  • 飲食店
    飲食店のイメージ
  • 小売店
    小売店のイメージ
  • 病院・クリニック
    病院・クリニックのイメージ
  • 学校・保育園
    学校・保育園のイメージ
  • 受付
    受付のイメージ

様々な活用場面に応じた運用方法が可能

  • 入館ゲート連動 入館ゲート連動
  • 床置き 床置き
  • モニター連動 モニター連動

製品情報

  • SenseThunder-E
    SenseThunder-E

    温度点:11万点
    画面サイズ:8 インチ
    測温幅:30℃〜45℃
    測定誤差:±0.3℃
    測定距離:0.5~1.5m
    測温解像度:384 x 288
    モニタ出力:HDMI

  • SenseThunder-Mini
    SenseThunder-Mini

    温度点:1万点
    画面サイズ:5.5 インチ
    測温幅:30℃〜45℃
    測定誤差:±0.4℃
    測定距離:0.3~1.2m
    測温解像度:120 x 90
    モニタ出力:なし