【緑ナンバーはコチラ】遠隔点呼対応!
運行管理者の労務改善を実現する
点呼システム「IT点呼キーパー」

ホワイト安全キーパー|安全運転管理者の選任方法について解説

安全運転管理者の選任方法について解説

法改正・規制
  • 安全運転管理者の選任方法について解説 TOP画像
  • 飲酒運転根絶を目指す政府の方針によって法改正が行われたことで、安全運転管理者制度が注目されています。これは令和4年4月より改正・道路交通法施行規則が施行され、「安全運転管理者」の業務が拡充されたことによるものです。


    そこで本記事では、安全運転管理者の選任方法について詳しく解説します。

安全運転管理者の選任方法について解説 コラム1画像

1.安全運転管理者とは

安全運転管理者とは、事業所の業務のために車両を使う運転者に対して、交通事故防止のために交通安全教育や安全運転の指導監督などを行う立場の人のことです。


道路交通法施行規則の改正により安全運転管理者等の業務は拡充され、次のような業務も担うことになりました。

左右にスライドすると表を見ることができます

令和4年4月1日施行 令和4年10月1日施行※
第9条の10
(安全運転管理者の業務)
  • 運転前後の運転者の酒気帯びの有無を目視等で確認する
  • 酒気帯びの有無についての記録を1年間保存する
  • 運転者の酒気帯びの有無の確認にはアルコール検知器を使用する
  • アルコール検知器を常時有効に保持する

※現在は、アルコール検知器の供給不足から当面の間、施行が延期となっています。


この改正の内容を踏まえて、内閣府令では安全運転管理業務について次のように定めています。


  • 運転者の状況把握(運転者の適性・技能・知識・法令遵守の状況)
  • 運行計画の作成
  • 交替要員の配置(長距離・夜間運転で、疲労等により安全な運転を継続できない場合への備え)
  • 異常気象時の安全確保などの措置
  • 点呼時による指示
  • 酒気帯びの有無の確認
  • 酒気帯びの有無の確認内容の記録・保存
  • 運転日誌の記録(運転者名、運転開始・終了日時など)
  • 運転者への指導
安全運転管理者の選任方法について解説 コラム2画像

2.安全運転管理者等の選任が必要な事業所

安全運転管理者等については、自動車の使用者が選任義務を負います。自動車の使用者とは、具体的にいえば事業所の代表者や営業所の所長などのことです。


一定の台数以上の自動車を使用する場合、その使用の本拠ごと、つまり会社であれば支店や営業所ごとに安全運転管理者等を選任する必要があります。


なお届出を済ませると都道府県警察のホームページ上の「安全運転管理者選任事業所一覧」に掲載されます。


ちなみに各都道府県に「安全運転管理者協会」という安全運転管理者が会員となった協会があり、企業・団体における安全運転管理の充実をはかるための活動を展開しています。

協会に加入することで、顧問弁護士制度の利用(初回のみ無料)、交通安全教育用教材の貸出(無料)、1日研修コースの紹介(一部費用を助成)など、様々なメリットが得られます。

もしご興味がある方は安全運転管理者協会へ問い合わせてみてはいかがでしょうか?


ここでは安全運転管理者等の選任が必要とされる事業所について、業務で使用する自動車の台数の観点から見ていきましょう。

一般事業所

左右にスライドすると表を見ることができます

自動車の台数 選任人数
安全運転管理者
  • 自家用自動車5台以上(自動二輪車は1台を0.5台として計算)
    ※50cc以下の原動機付自転車は含まない
  • 乗車定員11人以上の自家用自動車の場合は1台以上
1人
副安全運転管理者
  • 自家用自動車20台~39台
1人以上
  • 自家用自動車40台~59台
2人以上
  • 20台を超えた場合は20台ごとに1人以上を追加選任

※道路交通法施行規則第9条の8、第9条の11より

自動車代行業者

自動車代行業者は「自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律」に則り、次のような条件で安全運転管理者の選任が義務付けられています。


  • 自動車運転代行業の営業所ごとに安全運転管理者の選任
  • 自動車使用20台から39台で1人以上、以降10台を超えるごとに追加で1人以上の副安全運転管理者の選任

※自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律第19条より

安全運転管理者の選任方法について解説 コラム3画像

3.安全運転管理者等の資格要件

同じ事業所で働く他の従業員(運転者)に対して、指導したり監督したりする指導的立場にある安全運転管理者には、誰でもなれるわけではありません。


安全運転管理者等の一定の資格要件が定められており、自動車の使用者は指導的な立場にふさわしい人を選任する必要があります。

安全運転管理者

安全運転管理者等の「資格要件」は、次の年齢、管理経験です。


  • 20歳以上の者(副安全運転管理者がいる場合は30歳以上)
  • 2年以上の運転管理の実務経験を有する者
  • 上記の者と同等の能力があると公安委員会が認定した者

資格要件を満たす者で、次の「欠格要件」に該当しない従業員を選任してください。


  • 過去2年以内に公安委員会の解任命令を受けたことのない者
  • 過去2年以内に次の一定の違反行為をしたことのない者

ひき逃げ、飲酒運転(車両・酒類の提供、同乗を含む)、麻薬等運転、無免許運転(車両提供・同乗を含む)、妨害運転、酒酔い・酒気帯び運転、麻薬等運転、過労運転、無免許・無資格運転、最高速度違反運転、積載制限違反運転、放置車両違反の下命・容認、自動車使用制限命令違反

副安全運転管理者

副安全運転管理者の「資格要件」は、次の年齢、管理経験、運転経歴です。


  • 20歳以上の者
  • 1年以上の運転管理の実務経験を有する者あるいは、3年以上の運転経験を有する者

「欠格要件」については、安全運転管理者等の場合と同じです。

人気のコラム 月間ランキング

  • 2

    アルコールチェック義務化に向けてアプリを効率的に活用しよう
  • マネジメント
    アルコールチェック義務化に向けてアプリを効率的に活用しよう

    警察庁の調べによると飲酒運転の死亡事故率は、飲酒なしの場合と比べると約9.2倍(令和3年)です。国土交通省発表の事業用自動車安全プラン2025では、事故削減目標として「飲酒運転ゼロ」が掲げられています。そこで飲酒運転の根絶を目指し、緑ナンバーだけでなく白ナンバーのアルコール検査を義務化する改正道路交通法施行規則が2022年4月1日より順次施行されることになりました。安全運転管理者の選任義務のある白ナンバー事業者にとっては、アルコールチェック義務化に対応する必要性が生じたことになります。

  • 3

    マイカー通勤のリスクとは
  • マネジメント
    マイカー通勤のリスクとは

    新型コロナウイルス感染症の影響で、公共交通機関利用による密を避ける目的でマイカー通勤を希望する従業員が増えています。政府も混雑緩和のために時差通勤やテレワークを推進していることから、通勤手段としてマイカー通勤を検討する企業も多いでしょう。マイカー通勤の導入にあたっては、万が一の事故やトラブルに対応できるよう事前に対策しておくことが大事です。本記事ではマイカー通勤のメリットやデメリット、導入にあたっての対策ポイントを解説します。

  • 4

    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~
  • 白ナンバー
    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~

    安全運転管理者と言えば来年2022年から業務が拡充されるという通達がありました。2022年4月からドライバーに対し目視でアルコールチェックを行った記録の保管義務が業務として追加、同年10月※からはアルコール検知器を使ったアルコールチェックが義務化されます。

  • 5

    営業車の事故防止に必要な対策とは
  • マネジメント
    営業車の事故防止に必要な対策とは

    車両管理の担当者にとって、社用車がからむ交通事故は頭の痛い問題です。従業員の過失により交通事故を起こすと、会社の社会的責任が問われたり損害賠償金を請求されたりするほか、企業イメージが損なわれます。管理者は交通事故の可能性を最小化させるために、リスクの存在を把握し事故発生時の対応策を事前に決めておくことが重要です。本記事では、営業車事故における責任の所在を明らかにし、事故防止に必要な対策を解説します。

まずはお気軽に
お問い合わせください

  • キャンペーン1

    お試し
    14日間無料!※1

    「まずは試してどんな商品かを知りたい」「具体的に操作してみないと分からない」といった企業様に向けて、実際にホワイト安全キーパーをご利用いただく期間を14日間設けております。もちろん、お試し期間後に必ずご契約いただく必要はありません!この機会にお気軽にお問い合わせください。
  • キャンペーン2

    サービスご契約※2
    月額費用が初月無料!※3

    ホワイト安全キーパーをご契約いただいた方に限り、
    月額費用初月無料でご利用いただけます。
    「出来るだけお得に導入したい!」という企業様は、
    この機会にぜひお問いあわせください。

※1 アルコール検知器等の機器には在庫に限りがございます。本お試しをご利用の方はお試し期間まで余裕を持った日程での申し出でお願い致します。
※2 「サービスご契約」とは、テレニシ株式会社が提供するホワイト安全キーパーのシステムの事をいいます。また、本サービスは1年間の契約が条件となります。翌年以降は1年間毎の自動更新になります。
※3 納品の該当月を検収月(無償月)とし、翌月1日よりご請求させていただきます。