【白ナンバーの方はコチラ】
安全運転管理者のための飲酒検査クラウド管理システム
「ホワイト安全キーパー」

IT点呼キーパー|遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。

遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。

法改正・規制
  • 遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。 TOP画像
  • 遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。

    遠隔点呼とは、自動車運送事業者が「遠隔点呼実施要領」で定める要件を満たす機器・システムを用いることにより遠隔拠点間での点呼が可能となるものです。


    今回は遠隔点呼について、実施要項のポイントを交えてご紹介いたします。

    ※「遠隔点呼実施要領」とは、国土交通省が2022年4月から定める「遠隔点呼実施要領〜機器の要件」を指します。

遠隔点呼とは? コラム1画像

遠隔点呼とは?

遠隔点呼とは、自動車運送事業者が「遠隔点呼実施要領」で定める要件を満たす機器・システムを用いることにより遠隔拠点間での点呼が可能となるものです。


現在、トラックなどの自動車運送事業の運行管理では、輸送の安全の確保のため、事業者は、営業所に運行管理者を配置し、原則対面により運転者に対する乗務前後の点呼や運行中の必要な指示等を行うことが求められています。またIT点呼(遠隔点呼)は輸送の安全に関する取り組みが優良であると認められる営業所のみにおいて実施が認められています。

背景 コラム2画像

背景

しかし近年、運行管理に活用可能な情報通信技術(ICT)の発展が目覚ましく、事業用自動車総合安全プラン2025において、「高度な点呼機器の活用による IT 点呼(遠隔点呼)の対象拡大を検討」するとされたこと等を踏まえ、国土交通省において令和3年3月に産学官の有識者で構成された「運行管理高度化検討会」を設置し、ICTを活用した運行管理の高度化に向けた検討が進められてきました。


そして今般、同検討会にて遠隔点呼に使用する機器・システムの要件や運営上の遵守事項等であって、対面での点呼と同等の確実性を担保するために必要となる項目がとりまとめられました。その結果、令和4年4月以降に同検討会の監督下において行われる遠隔点呼については、事業者は規定(旅客自動車運送事業運輸規則第24条又は貨物自動車運送事業輸送安全規則7条)に適合する点呼を行ったものとして取り扱われるようになります。

※輸送の安全に関する取組が優良であると認められる営業所において認められている現行の IT点呼及び旅客 IT点呼については、「遠隔点呼実施要領」の規定に関わらず、従前のとおり取り扱われる。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。

    遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。遠隔点呼とは、自動車運送事業者が「遠隔点呼実施要領」で定める要件を満たす機器・システムを用いることにより遠隔拠点間での点呼が可能となるものです。今回は遠隔点呼について、実施要項のポイントを交えてご紹介いたします。

  • 3

    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~
  • 白ナンバー
    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~

    安全運転管理者と言えば来年2022年から業務が拡充されるという通達がありました。2022年4月からドライバーに対し目視でアルコールチェックを行った記録の保管義務が業務として追加、同年10月からはアルコール検知器を使ったアルコールチェックが義務化されます。

  • 5

    助成金・補助金を活用しよう~2021年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう~2021年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。