【白ナンバーの方はコチラ】
安全運転管理者のための飲酒検査クラウド管理システム
「ホワイト安全キーパー」

IT点呼キーパー|点呼システムとは?

点呼システムとは?

点呼システム
  • 点呼システムとは? TOP画像
  • 最近ではIT化の時代に伴い、運行管理者や経営者の方も、デジタコやアルコールチェック機器のIT化を感じていらっしゃると思います。 それに加え、最近では多くの企業が点呼業務のIT化の導入や検討を進めています。
    今回は点呼をシステム化するとどのようなことが起きるのか?その概要からメリット、導入した企業様の声まで幅広くご紹介いたします。
点呼システムとは? コラム1画像

点呼システムの概要

点呼システムと聞くとIT点呼をイメージする人が多いのではないでしょうか?
確かにITを使った点呼=IT点呼と思われがちですが、点呼システムには対面点呼や電話点呼のIT化も含まれます。点呼システムを導入すると点呼者による点呼の質のバラつきがなく、総合的に質の高い点呼が行えるようになります。
また、クラウド型の点呼システムでは、実施した点呼のデータが自動的にクラウド上のサーバーに保存されます。そのため、点呼を実施した事業所以外にも本社や外出先からでも点呼状況を確認することができます。

点呼システムとは? コラム2画像

導入メリット

点呼システムを導入することで、これまで手書きで作成していた点呼記録簿を自動で作成することが可能となり、運行管理者の負担軽減に繋がります。点呼記録簿への記入漏れがなくなることで点呼実施率の向上にも繋がります。
さらに点呼執行中の写真が記録されるので、成りすましや虚偽報告などの不正防止にも役立ちます。 その他にもアルコール検出記録やドライバー毎の点呼結果などが簡単に検索できる管理機能が豊富にあります。

※IT点呼キーパーを導入した場合のメリットについて下記ページにて詳しく解説しておりますので、宜しければ合わせてお読みください。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ

    令和4(2022)年4月より、「遠隔点呼実施要領」に基づいた遠隔点呼の申請が開始されています。すでに実施されている「IT点呼」と新たに申請できるようになった「遠隔点呼」には、どのような違いがあるのでしょうか?対面点呼と比べると遠隔点呼とIT点呼は同義に見えることから、どうしても混乱しがちです。本記事では遠隔点呼とIT点呼の違いをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  • 3

    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。

    遠隔点呼の申請が令和4年4月から始まります。遠隔点呼とは、自動車運送事業者が「遠隔点呼実施要領」で定める要件を満たす機器・システムを用いることにより遠隔拠点間での点呼が可能となるものです。今回は遠隔点呼について、実施要項のポイントを交えてご紹介いたします。

  • 4

    助成金・補助金を活用しよう~2021年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう~2021年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 5

    Gマーク更新【2022年度】~認定継続のメリット~
  • 時事ネタ
    Gマーク更新【2022年度】~認定継続のメリット~

    トラック業界において差別化を図る手法として、Gマークの取得・更新は注目を集めています。2021年3月末現在、全国の認定事業所および認定事業者数は26,940です。これは全事業所の31.2%、緑ナンバートラック全体の約5割に相当しGマーク認定事業所数は増加傾向にあります。