y_cv

IT点呼キーパー|点呼システム導入による点呼品質の向上

点呼システム導入による点呼品質の向上

点呼システム
  • 点呼システム導入による点呼品質の向上 TOP画像
  • 近年の交通事故数は減少の傾向にありますが、運輸業における重大事故のニュースを目にする機会はあまり減っていない様にも感じられます。
    また、ドライバーの健康状態に起因する事故も多く耳にするようになり、ニュースでも乗務時の確認の重要性が叫ばれるようになって来ました。
    事故低減に向けての国の取り組みや、点呼の果たす役割と改善策について見ていきたいと思います。
点呼システム導入による点呼品質の向上 コラム1画像

国土交通省の事故低減目標と重点施策

国土交通省では、2017年6月30日付で「事業用自動車総合安全プラン2020」を策定し、東京オリンピック・パラリンピック開催年である2020年までに死者数235人、事故件数23,100件以下、飲酒運転ゼロと非常に高い目標を掲げています。
※参考 2016年時点での事業用自動車交通事故発生状況は、死亡者数363人、事故件数33,376件、飲酒運転54件となっている。

この目標の達成をする為、政府は下記の6つを重点施策として打ち出しています。


  1. 行政・事業者の安全対策の一層の推進と利用者を含めた関係者の連携強化による
    安全トライアングルの構築
  2. 飲酒運転等悪質な法令違反の根絶
  3. 自動運転、ICT技術等新技術の開発・利用・普及の促進
  4. 超高齢化社会を踏まえた高齢者事故の防止対策
  5. 事故関連情報の分析に基づく特徴的な事故への対応
  6. 道路交通環境の改善
点呼システム導入による点呼品質の向上 コラム2画像

事故低減策と点呼の重要性

では、事故そのものを低減する為にはどの様にすれば良いのでしょうか。

2019年6月に国土交通省が発表した資料には、適切な運行管理の実施(①アルコールチェック時に測定状態を目視で確認、②適切な乗務割、③体調や睡眠状態を確認し、場合によってはドライバーの交代を実施、④精神面の健康管理)をする事が効果的な方法の1つであるとの記載があります。
この中で指摘されているのは、飲酒状態の把握は当然のこととして、ドライバーが健全な状態で乗務出来る様、運行管理者はドライバーの状態の把握に努め、過労や不安定な状態での乗務を未然に防ぐ事が重要であるという事です。
実際、健康状態に起因する事故報告件数は増加傾向にあり、2012年の143件に対し、2016年は304件と約2倍に増加しています。中には運転中に意識障害等により運転操作が不能となったケースも一定数有り、乗務時の点呼の重要性が益々高まってきていると言えます。
また、一般にハインリッヒの法則(注1)として知られていますが、普段事故としてあまり意識されない行動の積み重ねの結果が重大事故という形で現れてくることが往々にしてありますので、点呼での運行状況の確認や記録として残す仕組みが大事になってきます。

(注1)ハインリッヒの法則
1件の重症事故の背景には、29件の軽傷の事故と、300件の傷害にいたらない事故(ニアミス)がある。またさらにその背景には、数千、数万の危険な行為が潜んでいるという経験則

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について
  • 法改正・規制
    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について

    昨今飲酒運転による死傷事故によりその危険性はますます注目され、飲酒運転に対する世間の目は厳しくなっていることもあり、運送業界としても飲酒運転の防止の取組に力が入れられています。重大事故を受けた新たな安全対策が策定されたこと、自動車の先進安全技術の普及が進みつつあること、自動車事故をめぐる状況変化などの動向を踏まえ、平成21年3月に公表された「事業用自動車総合安全プラン2009」が改定され、平成29年6月に「事業用自動車総合安全プラン2020」が公表されました。

  • 3

    助成金・補助金を活用しよう~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう ~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 4

    点呼とトラック運行指示書のポイント
  • 時事ネタ
    点呼とトラック運行指示書のポイント

    2016年1月に発生した軽井沢スキーバス転落事故では、運行前点呼を実施しておらず、会社がドライバーに渡していた運行指示書には出発地と到着地のみしか記載されていないなどの杜撰な運行管理が明るみに出て大きな問題になりました。国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として全国の貸切バス事業者計310事業者を対象に集中監査を実施した結果、何らかの法令違反を確認した事業者数240(77.4%)、そのうち「運行指示書の作成等が不適切」として96事業者(31.0%)で記載内容や携行に問題があることが分かりました。

  • 5

    運行管理者の選任と届出のポイント
  • 法改正・規制
    運行管理者の選任と届出のポイント

    2020年から流行している新型コロナウイルスの影響により運行管理者試験が延期され、運行管理者の選任予定が大幅に狂ってしまい、困惑されている事業者の方も多かったのではないでしょうか?また、2021年(令和3年)から全面的にCBT試験で行われることが決定しております。運行管理者の確保と運行管理者の業務負荷軽減は、多くの自動車運送事業者にとって早急に改善を図りたい重要課題の一つとなっており、常に頭を悩ます問題として意識されていることと思います。