y_cv

IT点呼キーパー|Gマーク認定とは~IT点呼の導入資格を解説~

Gマーク認定とは
~IT点呼の導入資格を解説~

時事ネタ
  • Gマーク認定とは ~IT点呼の導入資格を解説~
  • お客様からよく「IT点呼は誰でも導入できるの?」という質問をいただきます。
    現在、IT点呼の導入はGマークがなくても所定の条件下であれば使用することができますが、少し前まではGマークの取得が必須でした。
    そこで今回は、そもそもGマークとは何なのか、Gマークを取得するとどんなメリットがあるのか、そしてIT点呼の導入にGマークはどう関わるのかについてまとめました。
Gマーク認定とは

Gマーク認定とは

そもそもGマークとは何か?ということについてご説明いたします。
Gマークとは、交通安全対策などの厳しい安全評価基準をクリアし「安全性優良事業所」と認められたトラック運送事業者が使用できるシンボルマークのことです。Gマークは高い評価を得たトラック事業所にのみ与えられる"安全・安心・信頼"の証です。


Gマーク制度(貨物自動車運送事業安全性評価事業)は、運送事業者全体の安全性の向上に対する意識を高めることにより環境整備を図るため、国土交通省が推進する「安全性優良事業所」の認定制度です。Gマークは事業者の安全性が正当に認定されたことを公表する証ですので、利用者がより安全性の高い事業所を選ぶための目安となり、対外的な評価にも繋がります。
後ほど詳しくご紹介しますが、Gマークを取得するとIT点呼の導入をはじめ、違反点数の消去や基準緩和自動車の有効期間の延長等、様々なメリットがあります。


Gマークを取得するためには、巡回指導を行っている適正化事業実施機関に書類を提出し、公益社団法人全日本トラック協会の審査を受けて認定を受けなければなりません。
またGマークは事業所単位で認定を出す制度のため、営業所が複数ある場合は、Gマーク認定を受けたい営業所管轄の適正化事業実施機関に申請書類を提出する必要があります。新規認定事業所についての有効期限は2年間となっており、その都度更新が必要です。


では、Gマーク取得の対象になる基準は何でしょうか?
Gマークは3つの評価項目と4つの認定要件をもとに認定されます。

評価項目(2021年度)

0 項目 点数 内容
1 安全性に対する法令の遵守状況 配点40点
(基準点数32点)
巡回指導結果
運輸安全マネジメントの取組状況
2 事故や違反の状況 配点40点
(基準点数21点)
重大事故・行政処分状況
3 安全性に対する取組の積極性 配点21点
(基準点数12点)
安全対策会議の実施、運転者の教育などの取り組みの自己申告事項

認定要件(2021年度)

  1. 上記1〜3の評価連数の合計点が80点以上
  2. 上記1〜3の各評価項目において上記の基準点数以上
  3. 法に基づく認可申請、届出、報告事項が適正になされていること
  4. 社会保険等の加入が適正になされていること

ちなみにGマークの制度は平成15年度から始まりましたが、現在Gマーク認定されている安全性優良事業所は27065事業所あり、全事業所の31.3%(2020年12月14日現在)です。
それだけレベルの高い制度なのですね…

Gマーク申請の流れ

  1. 添付書類の作成
    Gマーク申請には、点呼簿・事故記録簿・運転日報など、安全対策の実施を証明する添付書類が必要です。事前に準備しておくことをおすすめいたします。
  2. 申請書の入手と作成
    Web上で申請書を作成する「申請書作成システム」もしくは「複写式申請書」を入手して、申請書を作成します。
  3. 申請受付
    申請書の受付期間は毎年7月初旬から中旬までです。
    原則、申請書は各都道府県トラック協会窓口にて受理されます。
    ただし、2021年に関しては新型コロナウイルス感染拡大防止のための特例措置により、郵送での申請書類の提出が可能です。

Gマーク申請にかかる費用

Gマーク申請にかかる費用は申請書の作成方法により異なります。

  1. Web上で申請書を作成する「申請書作成システム」による申請【無料】
    申請書作成システムを使用してWeb上でGマーク申請書を作成した場合、申請費用は無料です。全国トラック協会ホームページ内の「GマークWeb申請書作成ページ」で作成することができます。

    ※Web上での申請受付はできませんのでご注意ください。
    ※2021年度の申請書作成システムの稼働期間は2021年4月23日~同7月14日までです。


  2. 紙の「複写式申請書」による申請【申請書実費1,000円(税込)】
    紙の複写式申請書に手書き記入して申請書を作成した場合、申請書実費として1,000円(税込)が必要です。紙の申請書は配布期間が決まっており、毎年5月初旬~6月末となります。紙の申請書でGマーク申請をご検討の方はお早めに書類を入手することをおすすめいたします。

Gマーク認定までの流れ

Gマーク申請の結果が発表されるまでの期間は約5ヶ月です。
Gマーク認定事業者の発表は11月下旬に全国トラック協会のホームぺージに掲載されます。
また、評価結果は12月中旬に申請者へ郵送されます。

Gマークの有効期限

Gマークには有効期間があります。
Gマークを新規で取得した営業所の場合、有効期限は2年です。
更新年度になると、全国トラック協会より「Gマーク認定の更新のご案内」のはがきが郵送されますので、更新手続きを忘れないようにしましょう。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    運送業界でよく聞く白ナンバートラックとは?緑ナンバートラックとの比較解説
  • 白ナンバー
    白ナンバーの点呼・アルコールチェック義務化が気になる方へ 抑えるべきポイントまとめ

    警察庁は2021年11月4日、一定台数以上の「白ナンバー」(自家用)車を業務で使う事業者による運転手の飲酒検査について、2022年10月1日からアルコール検知器の使用義務化することを発表しました。またすでに道路交通法改正により事業者が運転手の酒気帯びの有無を目視などで確認し、その記録を1年間保存することも発表されていて、社有車を所有する企業様は気にされている方が多いのではないでしょうか。

  • 2

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 4

    トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について
  • 時事ネタ
    トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について

    日本では高齢化が進み超高齢化社会に突入したと言われておりますが、運送業界においてもトラックドライバーの高齢化が問題となっております。今回は運送業界におけるトラックドライバーの現状と今後についてお話したいと思います。

  • 5

    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~
  • 法改正・規制
    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~

    安全運転管理者と言えば来年2022年から業務が拡充されるという通達がありました。2022年4月からドライバーに対し目視でアルコールチェックを行った記録の保管義務が業務として追加、同年10月からはアルコール検知器を使ったアルコールチェックが義務化されます。