y_cv

IT点呼キーパー|ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ

ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ

時事ネタ
  • ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ TOP画像
  • トラック運送業界は「安全で安心な輸送サービスを提供し続けること」が社会的使命であり、常に「安全」を最優先課題とされています。
    運送業界の主役のトラック事業は、自然災害が発生した際には支援物資の輸送・新型コロナウイルス感染症により物流の維持が求められた際には日本のライフラインとして活躍しています。
    ここではそんな運送業界の視点から、物流の中で良く耳にしたことがある「ロジスティクス」というものについて紹介したいと思います。
ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ コラム1画像

ロジスティクスとは?

ではロジスティクスとはどういう意味なのでしょうか?
そもそもロジスティクスという言葉は軍事用語で後方支援という意味合いで使われ、それがビジネス用語に転じたといわれております。
簡単に説明するとロジスティクスとは、物流において生産地から消費地までの全体最適化を目指すシステムです。
つまり物流の過程の中で一番効率的で無駄のないよりよいものを選んでいきましょうという考え方になります。


運送業界においても燃料・タイヤ・修理費の低減、従業員の健康管理を徹底して事故防止、IT点呼システムの導入による社内業務の効率化などで輸送費を削減することができます。
ただし安全第一を優先にした業界でもあるので双方にとって一番良いものを選択しなければなりません。
ましては大幅な人件費カットからコスト削減のやり方で成功してもドライバーにかかる負担が増加し、事故を起こしてしまっては意味がありません。
しっかりとした運営と全体的な数字の見える化をして従業員に働きやすい環境を作ることもロジスティクスでの業務効率化につながると思います。

ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ コラム2画像

物流の基本5大機能について

ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ コラム3画像

ロジスティクスを説明する際に、欠かせないのは物流の一連の流れになってきます。
物流には基本となる機能があり、それを物流5大機能と呼んでいます。それが「輸送」「保管」「荷役」「流通加工」「包装」です。
お客様から商品の「発注」があると販売者は商品を「受注」します。そこから物流センターの在庫確認、梱包作業、在庫がなければ別の物流センターから輸送などが入り「出荷」、お客様へ「入荷」という流れになります。
この過程にロジスティクスを導入していくことが今の物流の中で重要になっております。
さらにITが発達した今では、この基盤に「情報」が入り、物流6大機能と呼ばれることが多く、ますます効率化・コスト削減を図るには大事になっています。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    運送業界でよく聞く白ナンバートラックとは?緑ナンバートラックとの比較解説
  • 白ナンバー
    白ナンバーの点呼・アルコールチェック義務化が気になる方へ 抑えるべきポイントまとめ

    警察庁は2021年11月4日、一定台数以上の「白ナンバー」(自家用)車を業務で使う事業者による運転手の飲酒検査について、2022年10月1日からアルコール検知器の使用義務化することを発表しました。またすでに道路交通法改正により事業者が運転手の酒気帯びの有無を目視などで確認し、その記録を1年間保存することも発表されていて、社有車を所有する企業様は気にされている方が多いのではないでしょうか。

  • 2

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 4

    トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について
  • 時事ネタ
    トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について

    日本では高齢化が進み超高齢化社会に突入したと言われておりますが、運送業界においてもトラックドライバーの高齢化が問題となっております。今回は運送業界におけるトラックドライバーの現状と今後についてお話したいと思います。

  • 5

    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~
  • 法改正・規制
    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~

    安全運転管理者と言えば来年2022年から業務が拡充されるという通達がありました。2022年4月からドライバーに対し目視でアルコールチェックを行った記録の保管義務が業務として追加、同年10月からはアルコール検知器を使ったアルコールチェックが義務化されます。