y_cv

IT点呼キーパー|点呼とトラック運行指示書のポイント

点呼とトラック運行指示書のポイント

法改正・規制
  • 点呼とトラック運行指示書のポイント TOP画像
  • 2016年1月に発生した軽井沢スキーバス転落事故では、運行前点呼を実施しておらず、会社がドライバーに渡していた運行指示書には出発地と到着地のみしか記載されていないなどの杜撰な運行管理が明るみに出て大きな問題になりました。
    国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として全国の貸切バス事業者計310事業者を対象に集中監査を実施した結果、何らかの法令違反を確認した事業者数240(77.4%)、そのうち「運行指示書の作成等が不適切」として96事業者(31.0%)で記載内容や携行に問題があることが分かりました。

    一般貸切旅客自動車運送事業(貸切バス)のみではなく、一般貨物自動車運送業(トラック)においてもドライバーや歩行者の安全を守り悲しい事故を防ぐ為にも、無理のない運行計画を行うこと、運行の安全に係る指示について確実にドライバーに伝達させるよう運行指示書を作成することが重要になります。
点呼とトラック運行指示書のポイント コラム1画像

トラックの運行指示書とは?

「運行指示書」とは、運行日時、目的地到着予定時刻、経路及び経由地の日時、休憩場所及び休憩時間等、運行にあたっての計画が記された書類のことです。
一般貨物自動車運送業(トラック)は対面による乗務前点呼、乗務後点呼の両方を行うことができない場合は、乗務前、乗務後のほか、乗務の途中に少なくとも1回の点呼を行うことが義務付けられています。
運行管理者は、48時間を超える中間点呼を必要とする勤務(2泊3日以上の運行)の場合は、運行指示書(正)(副)を作成し運転者に運行指示書(正)を携行させなければなりません。 しかし、48時間を超えない貨物運行でも、時間の変更を理由に出発も到着も対面点呼が出来なくなった場合や、運行内容の変更で48時間を超える運行になってしまう場合は、ドライバーに連絡したうえで、運行指示書を運行管理者が作成しなくてはなりません。

※一般貸切旅客自動車運送事業(貸切バス)の場合は48時間以内の運行、つまり日帰りや1泊2日の運行であっても、すべての運行において必要となります。

点呼とトラック運行指示書のポイント コラム2画像

トラックの運行指示書に記載する内容

運行指示書の記載事項は、貨物自動車運送事業安全規則(運行指示書による指示等)で決められており、第9条3項に運行指示書に記載しなければならない7つの項目が記載されています。

  1. 運行の開始及び終了の地点及び日時
  2. 乗務員の氏名
  3. 運行の経路並びに主な経過地における発車及び到着の日時
  4. 運行に際して注意を要する箇所の位置
  5. 乗務員の休憩地点及び休憩時間(休憩がある場合に限る)
  6. 乗務員の運転又は業務の交替の地点(運転又は業務の交替がある場合に限る)
  7. その他運行の安全を確保するために必要な事項
点呼とトラック運行指示書のポイント コラム2画像

運行中に変更が生じたときのポイント

運行指示書の記載事項は、貨物自動車運送事業安全規則(運行指示書による指示等)で決められており、第9条3項に運行指示書に記載しなければならない7つの項目が記載されています。

運行指示書を携行している場合

運行管理者は、運行計画に変更が生じた場合、変更内容を「運行指示書(副)」に記入するとともにドライバーに指示を行います。同時にドライバーは、変更内容を「運行指示書(正)」に記入するとともに「運行指示書(正)」を携行します。
ドライバーに対して指示を行った日時及び運行管理者の氏名については「運行指示書 (正)(副)」に記載しなければなりません。

運行指示書を携行していない場合

運行管理者は、「運行指示書(正)(副)」を作成しドライバーに対して電話その他の方法で適切な指示を行わなければなりません。この場合、ドライバーは「運行指示書(正)」を携行していないので、乗務等の記録(運転日報等)に指示の内容を記載しなければなりません。
また、運行管理者はドライバーに指示した内容・日時及び運行管理者の氏名を「運行指示書(正)(副)」に、そしてドライバーは乗務等の記録(運転日報等)に同様の記載をしなければなりません。

連続運転時間

連続運転時間は4時間が限度です。運転開始後4時間以内又は4時間経過直後に運転を中断して30分以上の休憩を確保しなければなりません。ただし、運転開始後4時間以内又は4時間経過直後に運転を中断する場合の休憩等については、少なくとも1回につき10分以上としたうえで分割することができます。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    運送業界でよく聞く白ナンバートラックとは?緑ナンバートラックとの比較解説
  • 白ナンバー
    白ナンバーの点呼・アルコールチェック義務化が気になる方へ 抑えるべきポイントまとめ

    警察庁は2021年11月4日、一定台数以上の「白ナンバー」(自家用)車を業務で使う事業者による運転手の飲酒検査について、2022年10月1日からアルコール検知器の使用義務化することを発表しました。またすでに道路交通法改正により事業者が運転手の酒気帯びの有無を目視などで確認し、その記録を1年間保存することも発表されていて、社有車を所有する企業様は気にされている方が多いのではないでしょうか。

  • 2

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 4

    トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について
  • 時事ネタ
    トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について

    日本では高齢化が進み超高齢化社会に突入したと言われておりますが、運送業界においてもトラックドライバーの高齢化が問題となっております。今回は運送業界におけるトラックドライバーの現状と今後についてお話したいと思います。

  • 5

    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~
  • 法改正・規制
    安全運転管理者とは~企業の安全運転の守るためのポイントを解説~

    安全運転管理者と言えば来年2022年から業務が拡充されるという通達がありました。2022年4月からドライバーに対し目視でアルコールチェックを行った記録の保管義務が業務として追加、同年10月からはアルコール検知器を使ったアルコールチェックが義務化されます。