【白ナンバーはコチラ】
アルコール検知器義務化対応!
飲酒検査クラウド管理システム「ホワイト安全キーパー」

コラム一覧|IT点呼キーパー

コラム一覧

点呼に関する様々な情報や豆知識を、コラムとして配信しています。

カテゴリから探す

お得な時事ネタ

  • 旅客運送事業者も導入しやすい?【改訂版】遠隔点呼を徹底解説 時事ネタ

    旅客運送事業者も導入しやすい?【改訂版】遠隔点呼を徹底解説

    「遠隔点呼の内容が変わったらしいけれど、何がどのように変わったの?」「当社も対面点呼に代えて遠隔点呼を導入するべき?」「簡単・低コストで遠隔点呼を導入できるシステムはないかな?」この記事では、このようなお悩みを持つ旅客運送事業者(バス・タクシー会社)向けに、以下の点をご紹介します。

  • 運送業界向けAI導入・活用事例~物流危機を人工知能で解決~ 時事ネタ

    運送業界・物流業界向けAI活用事例~AI導入で物流危機を解決~

    運送業界・物流業界が抱える課題を解決するために、人工知能(以下、AI)が活用されていることをご存知でしょうか?AIなどの最新技術を活用して、運送業界・物流業界のコスト削減・業務効率化を実現する「スマートロジスティクス」という言葉が近年注目されています。また、国土交通省も物流DXを掲げ、業務の効率化や生産性の向上をすすめ、運送・物流のあり方を革新するよう推奨しているという背景があります。本記事では、運送業・物流業向けにAI活用方法について解説いたします。現場で働く方はぜひ参考にしてください。

  • 助成金と補助金の違いとは~運送事業者向け助成金・補助金まとめてみました~ 時事ネタ

    助成金と補助金の違いとは~運送事業者向け助成金・補助金まとめてみました~

    皆様は助成金・補助金制度をご存じでしょうか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。原油価格高騰や資材の物価高騰によって多くの運送業者は経営改善を迫られていることから、デジタル化・DXの悩みを

  • <アフターレポート>運行管理者様必見!乗務後自動点呼制度の概要と対応のポイント 時事ネタ

    <アフターレポート>運行管理者様必見!乗務後自動点呼制度の概要と対応のポイント

    2023年1月より、自動車運送事業者は乗務後自動点呼を実施できるようになりました。乗務を終了したドライバーに対する点呼を自動化することで、運行管理の高度化はもとよりドライバーや運行管理者の働き方改革につながるとして期待されています。乗務後自動点呼の導入にあたっては、自動で点呼を行うための点呼機器に関する要件や認定制度について知ることが大切です。

  • 運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる? 時事ネタ

    運送業の働き方改革で、ドライバーの労働時間・労働環境はどう変わる?

    2024年4月からトラックドライバーの時間外労働に上限規制が適用されるため、働き方改革実現に向けてトラック運送事業者は対応に迫られています。2023年現在、働き方改革関連法のトラック運送業への適用は猶予されていますが、2024年になるとトラック運送業界に大きな変化が起きるでしょう。

  • Gマーク認定とは - IT点呼の導入資格を解説 時事ネタ

    Gマーク認定とは~IT点呼の導入資格を解説~

    お客様からよく「IT点呼は誰でも導入できるの?」という質問をいただきます。現在、IT点呼の導入はGマークがなくても所定の条件下であれば使用することができますが、少し前まではGマークの取得が必須でした。

  • 運送業の業務効率化に欠かせない4つのポイント 時事ネタ

    運送業の業務効率化に欠かせない4つのポイント

    運送業界をはじめ物流業界は、トラック輸送にまつわるさまざまな問題に直面しており、業務効率化に取り組む必要性に直面しています。中でも差し迫った課題として知られる「物流の2024年問題」に向けた対応策について、社内で協議されていますでしょうか?本記事では、運送業界においてなぜ業務効率化が叫ばれているのか、その背景や参考にしたい業務改善のポイント、おすすめのシステムについて解説します。

  • 物流業界の2024年問題について解説 時事ネタ

    物流業界の2024年問題について解説

    2024年4月から、トラックドライバーの時間外労働に上限規制が適用されます。2022年現在、働き方改革関連法の自動車運転の業務への適用は猶予されていますが、2024年になると物流業界に大きな変化が起きるでしょう。

  • 物流DXで運送業界の課題を解決 時事ネタ

    物流DXで運送業界の課題を解決

    DX(デジタルトランスフォーメーション)という単語を最近よく目にしますが、具体的にどのようなことを指すのかご存じでしょうか?DXとは「最新のデジタル技術を駆使して業務上の課題を解決し、新たなビジネスモデルを生み出すこと」を意味しています。

  • トラック運送業界における感染予防対策について 時事ネタ

    トラック運送業界における感染予防対策について

    ここ数年、運送事業における労働力不足や長時間労働、他業種に比べて低賃金傾向にある現状について、各所で指摘されてきていますが、中々改善が進まないのが現状のようです。2019年には改正労働基準法が施工され、運送事業の運転者においては5年の猶予が与えられましたが、2024年の適用開始までは残り3年となりました。

  • ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ 時事ネタ

    ロジスティクス導入で輸送コスト削減・業務効率の向上へ

    トラック運送業界は「安全で安心な輸送サービスを提供し続けること」が社会的使命であり、常に「安全」を最優先課題とされています。運送業界の主役のトラック事業は、自然災害が発生した際には支援物資の輸送・新型コロナウイルス感染症により物流の維持が求められた際には日本のライフラインとして活躍しています。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    自動車運送事業における点呼は、輸送の安全を確保するために法令により実施が義務付けられている業務です。ICT技術の高度化が目覚ましいことから対面点呼に代わる遠隔点呼が実施できるようになり、令和4年4月1日から申請がスタートしています。また令和5年1月からは、乗務を終了したドライバーに対する点呼を自動で実施できる業務後自動点呼がスタートしました。北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼でした。点呼においては運転者の名前以外にも様々な確認項目があり、確実な点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても確実な点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々とあるでしょう。

  • 2

    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請ルールが令和5年4月から変更
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とは?遠隔点呼の申請ルールが令和5年4月から変更

    2022年(令和4年)4月より開始した「遠隔点呼」ですが、2023年(令和5年)3月31日以降ちょっとした変化があったことをご存じでしょうか。これに伴い、遠隔点呼の要件や申請方法が変更されました。そこで本記事では遠隔点呼の定義をおさらいし、2023年4月1日以降の申請方法について解説しますのでトラック事業者の方は参考にしてください。

  • 3

    法改正で貸切バス事業は何が変わる?事業者・バス運転者への影響とは
  • 法改正・規制
    法改正で貸切バス事業は何が変わる?事業者・バス運転者への影響とは

    2024年4月1日より、貸切バス事業に関する2つの制度が改正されます。●バス運転者の改善基準告示●貸切バスの安全性向上に向けた対策のための制度 この記事では、今回の制度改正について、以下の点をご紹介します。●制度改正の目的●制度の改正ポイント●改正されたら何がどう変わるのか 制度改正は、貸切バス事業者と実際に働く運転者にどのような変化をもたらすのか、事業を円滑に進めるために対応すべき点と具体的な対応策がわかりますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 4

    運行管理者試験とは?日程や出題内容・難易度と受験対策のポイントを解説
  • 法改正・規制
    運行管理者試験とは?日程や出題内容・難易度と受験対策のポイントを解説

    安全運転をして当たり前と見られるトラック、バス、タクシーなどのプロドライバー。しかし彼らも人間であるため、常に万全の状態で運転できるとは限りません。体調が悪いのに無理をして運行し、事故を起こしたら当事者や会社、乗客や顧客など多くの人に被害がおよびます。そこで、事故を防ぎ業務を円滑化する運行管理者が必要なのですが、選任には資格が必要です。この記事では、運行管理者試験の受験方法や試験の難易度、合格への対策などをご紹介します。最後までご覧いただき、あらゆる人を事故から守るキーマンを目指してください。

  • 5

    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ
  • 法改正・規制
    遠隔点呼とIT点呼の違いをカンタンまとめ

    令和4(2022)年4月より、「遠隔点呼実施要領」に基づいた遠隔点呼の申請が開始されています。すでに実施されている「IT点呼」と新たに申請できるようになった「遠隔点呼」には、どのような違いがあるのでしょうか?対面点呼と比べると遠隔点呼とIT点呼は同義に見えることから、どうしても混乱しがちです。本記事では遠隔点呼とIT点呼の違いをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

最新の製品情報や
ウェビナーなど
イベント情報を配信中

X(旧Twitter)ロゴIT点呼キーパーをフォローする