y_cv

IT点呼キーパー|クラウドサービスとは?概要からメリットまで分かりやすく解説

クラウドサービスとは?
概要からメリットまで分かりやすく解説

点呼システム
  • クラウドサービスとは?概要からメリットまで分かりやすく解説 TOP画像
  • 世間でよく耳にするようになった「クラウド」という言葉ですが、なんとなく知っていても詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか。最近では企業向けのクラウドサービスがCMで流れるなど、色々な面で話題となっています。
    弊社でも、クラウドによる点呼システムIT点呼キーパーを提供しておりますが、お客様からはよく「クラウドって一体何?」といったご質問をいただきます。
    そこで今回はクラウドの概要やクラウドシステムのメリットについて、分かりやすくご説明いたします。
クラウドサービスとは? コラム1画像

クラウドサービスとは?

そもそもクラウドとは、一言でいうと、「インターネットなどのネットワーク経由でユーザーにサービスを提供する形態」のことです。
データやアプリケーションがパソコンの中ではなく、ネットワークでつながった先にあるどこかに保存されているとイメージしてください。

クラウドの特長のひとつは、利用するにあたりネットワーク先の所在地が把握されない点です。例えるなら、雲(クラウド)の中にあるサービスを地上から利用しているようなイメージです。そしてクラウドの形態で提供されるサービスを「クラウドサービス」と言います。

ここで”クラウドではない”サービスについてご説明します。
例えば文章を作成する場合、WordやExcelなどのアプリケーションが必要です。そのアプリケーションを使い作成したデータをパソコンに保存します。これは自分のパソコンの中だけで作成から保存までが完結したことになり、クラウドを活用したサービスではありません。

一方、クラウドを使ったものはデータやアプリケーションがパソコンの中に入っているのではなく、ネットワークに繋がった先にあります。代表的な例として「Gmail」や「Yahoo!メール」があります。

クラウドサービスのメリット コラム2画像

クラウドサービスのメリット

クラウドサービスを導入することで、様々な面でメリットが生まれます。
今回は具体的な5つのメリットについてご説明いたします。

① サーバーやソフトウェアを購入する必要がない

クラウドサービスは、サーバーやソフトウェアなどのサービスがネットワーク経由で提供されるため、利用者側がサービスを所有・管理するのではなく、必要な機能を必要なときに利用する仕組みです。またクラウドの場合、初期はスペックを抑えて導入し、後から必要な分だけ拡張していくことが可能です。サービスの購入費用について悩むことはなく、無駄が発生しません。

② スピーディーに導入することができ、システム構築の時間を削減

クラウドサーバーはアカウントを発行するだけで導入でき、およそ30分程度で初期設定を完了し利用を始められるものが多いです。自社で用意したサーバーへソフトウェアをインストールし、利用するタイプのサーバーを構築する場合、ネットワーク構築のために導入決定から利用開始まで半年から1年ほどかかります。
そのため早期に利用を開始したい企業やスモールスタートで導入したい企業は、クラウドは有効活用できると言えるでしょう。

③ インフラ管理・運用・コスト等の負担削減

クラウドサーバーを利用するメリットとして最も大きいのが、自社内でのサーバー管理・運用の負担を軽減することができると言う点です。
インフラ管理専門の担当者が社内にいる場合、社内サーバーが不要なので負担を減らすことができます。また担当者や専任者がいない場合でも、サーバー提供事業者に管理・運用を任せて、事業やサービスの構築・運営に集中することができます。
さらにクラウドサーバーの料金体系は、使用した利用時間やデータ量によって課金される従量課金制のため、初期コストだけでなく、毎月の利用料を削減できます。

④ メンテナンス不要

自分のパソコンやハードウェアにインストールやデータを保存している場合、定期的なメンテナンス作業が発生します。しかし、クラウドサービスは運営元が管理及びメンテナンス作業を行なっており、常に最新の状態で利用できます。もちろん利用者側によるメンテナンスは不要です。

⑤ バックアップ・BCP対策ができる

BCP対策においても、クラウドサーバーは有効です。BCP対策(Business Continuity Plan:事業継続計画)とは、企業が自然災害やテロ被害などの緊急事態に備えて、被害を最小限に抑え、事業を継続させるための対策のことをいいます。
クラウドサーバーは国内外の堅牢なデータセンターにバックアップし管理されています。地震対策として耐震・免震構造のビルに格納していたり、停電などでサーバー稼働が止まらないように副電源や自家発電装置を取り入れていたりします。
クラウドなのでどこからでも安全に接続できるため、様々なリスク対策に有効です。

クラウドサービスのデメリット

クラウドサービスは、サーバーやデータを外部に預けることになるので、慎重に検討することが大切です。ここで知っておきたいデメリットについてご紹介します。

① セキュリティ対策や障害時のリスク

クラウドサービスのメリットの1つとしてメンテナンスが不要である点を挙げましたが、クラウドサーバーは、セキュリティ対策や障害対応等もサーバーの提供会社に委ねることになります。
また、クラウドサービスが外部からの攻撃を受けた場合、クラウド上に保存していたデータが漏えいする可能性があります。障害が起きた場合も自社での復旧作業はできません。
そのため、自社に合ったセキュリティ対策や障害対応を行うことのできるサービスを導入することをお勧めします。

セキュリティ対策の面で言うと、IT点呼キーパーを開発する弊社テレニシ株式会社は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際標準規格である「ISO27001」の認証を取得しております。これにより情報セキュリティ対策が国際基準規格に適合したものであると証明されています。
IT点呼キーパーをご利用いただく場合は、自社にシステム関連の専任者がいなくても安心してご利用いただくことができます。

② カスタマイズが難しい

社内でシステムを構築した場合、自由にカスタマイズできますが、クラウドサービスの利用の場合だと制限が設けられてしまいます。ただ最近では、ある程度自由にカスタマイズができるクラウドサービスも登場しています。

③ 長期的な運用ではコストが高くなる場合がある

クラウドサーバーは月額従量課金制のため、サイトやシステムが大きくなり使用量が増えると高額になることがあります。その場合、長期的にみると自社でシステムを構築したほうが低コストになることがあります。こういった点を定期的に見直し、クラウドのメリットが無くなった場合には、自社でのシステム構築へ移行するなどといった検討も行うと良いでしょう。

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について
  • 法改正・規制
    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について

    昨今飲酒運転による死傷事故によりその危険性はますます注目され、飲酒運転に対する世間の目は厳しくなっていることもあり、運送業界としても飲酒運転の防止の取組に力が入れられています。重大事故を受けた新たな安全対策が策定されたこと、自動車の先進安全技術の普及が進みつつあること、自動車事故をめぐる状況変化などの動向を踏まえ、平成21年3月に公表された「事業用自動車総合安全プラン2009」が改定され、平成29年6月に「事業用自動車総合安全プラン2020」が公表されました。

  • 3

    助成金・補助金を活用しよう~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう ~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 4

    点呼とトラック運行指示書のポイント
  • 時事ネタ
    点呼とトラック運行指示書のポイント

    2016年1月に発生した軽井沢スキーバス転落事故では、運行前点呼を実施しておらず、会社がドライバーに渡していた運行指示書には出発地と到着地のみしか記載されていないなどの杜撰な運行管理が明るみに出て大きな問題になりました。国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として全国の貸切バス事業者計310事業者を対象に集中監査を実施した結果、何らかの法令違反を確認した事業者数240(77.4%)、そのうち「運行指示書の作成等が不適切」として96事業者(31.0%)で記載内容や携行に問題があることが分かりました。

  • 5

    運行管理者の選任と届出のポイント
  • 法改正・規制
    運行管理者の選任と届出のポイント

    2020年から流行している新型コロナウイルスの影響により運行管理者試験が延期され、運行管理者の選任予定が大幅に狂ってしまい、困惑されている事業者の方も多かったのではないでしょうか?また、2021年(令和3年)から全面的にCBT試験で行われることが決定しております。運行管理者の確保と運行管理者の業務負荷軽減は、多くの自動車運送事業者にとって早急に改善を図りたい重要課題の一つとなっており、常に頭を悩ます問題として意識されていることと思います。