法人契約のお手続き方法|法人携帯テレニシ.biz

法人契約のお手続き方法

法人携帯お役立ち記事

これまで個人携帯を会社用携帯と併用して使用されていた方や、新しく別の携帯キャリアに乗り換えをご検討中の方においては、
新しく法人携帯を契約する方法をご存じでない方もいらっしゃるかと思います。
今回は法人契約の申し込みに必要な書類やご利用開始までの流れなどについて、詳しくお伝えいたします。

1.法人契約と個人契約の違い

そもそも法人契約と個人契約にはどのような違いがあるのでしょうか。大きな違いは2つあります。

①価格を安くご提供

まず一つ目は、法人契約の方が個人契約よりも価格を安く導入できます。
法人携帯には法人専用プランがありますので、個人様よりも優遇された条件でスマホやガラケーの最新機種をご利用いただける場合があります。
端末費や通信費、維持費をできるだけ安く抑えたい方にとっては非常に大きなメリットにつながります。
他にも法人契約には特典があり、法人様専用の料金プランなどの管理を一括してweb上で行える「法人契約管理サイト」のご利用もできます。

②ショップに来店する手間なくご契約

二つ目はショップに行かず法人契約ができ、そのままご利用開始いただけます。
担当営業が御社に伺い、法人様にとって最適な料金プランや通話にかかる費用の削減などをご提案させていただきます。
ショップに行った場合の待ち時間等は発生しません。

その他にも情報漏洩のリスクを回避したり便利なアプリ機能が使えたりと、法人契約をすることで様々なメリットがあります。
詳しくは以下のページをご覧ください。

2.法人携帯は個人事業主でも契約できる?

携帯電話に限らず、法人間の取引では基本的に「法人契約」というものを交わします。
法人契約の特徴は、契約した際の責任の所在。個人間とは異なり、法人間では個人ではなく会社が契約者となります。
それにより会社全体に責任が発生します。

基本的に法人契約は個人事業主では行えませんが、法人携帯は個人事業主であっても法人契約を交わすことができる場合があります。
次の項目では、個人事業主でも法人契約ができる条件についてご説明いたします。

3.法人携帯の確認書類

法人様だけでなく、個人事業主の方も条件をクリアすれば、どなたでも法人契約ができ、お得に法人携帯をご利用いただけます。
まず法人携帯を申し込む上で法人、個人事業主の方に共通している必要書類は4つです。

①法人契約の確認書類

「登記簿謄(抄)本」「現在(履歴)事項証明書」「印鑑登録証明書」のいずれかをお持ちください。(発行から3ヵ月以内の原本)

②運転免許証やパスポートなどのご来店者さまの本人確認書類

③ご来店者さまの在籍確認書類

(社員証や名刺など)

④口座名義、口座番号が確認できるもの

(通帳、キャッシュカードなど)+金融機関届出印(クレジットカードでの支払いの場合不要となります。)


次に、上記の他に法人・個人事業主別で必要なものをご紹介します。
<法人>

  1. 法人印(角印・丸印どちらでも可)

<個人事業主>

  1. 青色申告書(個人事業主の方)
    ※青色申告書をお持ちでない方は法人携帯をご利用できませんので、ご注意ください。
  2. 個人印(角印・丸印どちらでも可)

4.法人契約のメリット

法人契約に関するメリットは様々ですが、法人携帯を導入する上でのメリットをここでは大きく4つご紹介いたします。

  • ①通話料金が圧倒的にお得
  • ②業務改善・社員満足度の向上
  • ③情報漏洩のリスクを回避
  • ④安心のアフターサポート

①通話料金が圧倒的にお得

現在業務で個人携帯を利用している法人様も、
法人携帯を導入するだけで通話料金やネットなどの通信費にかかるコストを大幅に削減できます。
また既に法人携帯をご利用いただいている方も、定期的なプランの見直しをおすすめ致します。
法人携帯の料金プランは年々新しいプランをご提供しておりますので、現状よりもさらにお得になることもございます。
【関連記事】テレワークの導入をご検討中の方 | 法人携帯・Wi-Fi・ビジネスツールでテレワークを実現!

②業務改善・社員満足度の向上

法人携帯を導入することで、コスト削減だけでなく、実際に利用する社員にとってもメリットが生まれます。
法人携帯を統一して利用することで、毎月の請求を一括管理することができ経理作業が大幅に簡素化します。
また、受付や総務担当者が外部からの電話を取り次ぐ作業が軽減され、社員間の連絡や社外へのやりとりが多い方にとっては、コミュニケーションに関するストレスが軽減されます。
外回りが多い社員は外出先から資料を確認したり、データ容量を気にせず知りたい情報を調べたり、アプリなどの便利ツールも使うことができます。
結果として業務が円滑に進み、社員全体の満足度向上につながるのではないでしょうか。

③情報漏洩のリスクを回避

近年、スマホなどの機能性の高いデバイスが普及し、ウイルス感染やスパム被害、盗難などによる情報漏洩のリスクが増えてきました。
業務に利用していた個人携帯に取引先・顧客情報が残った状態で紛失などしてしまった場合、
個人情報が漏えいのリスクが大きな問題になります。
紛失・盗難による情報漏洩は年々増加傾向にあり、セキュリティ対策のニーズも上がってきております。
会社だけでなく取引先の情報漏洩を防ぐためにも、セキュリティの整っている法人携帯を導入するようにしましょう。

④安心のアフターサポート

法人携帯の法人契約は、個人契約と違い、法人間での取引となるため、万が一トラブルが発生した場合の対応も安心です。
また法人契約の場合、各法人様に対し担当営業が付きますので、困った時や疑問・質問が出てきた場合でもすぐに相談に乗ってくれます。

5.ご契約までの流れ

それでは実際に法人携帯をご契約しご利用いただくまでの流れをご説明します。

①お問い合わせ

まずは法人携帯をご紹介している各種HPよりお問い合わせください。
お客様のご利用用途やご要望価格をお聞きした上で担当営業が伺い、最適な料金プランや機種のご紹介をいたします。
会社によっては限られたエリアしか伺うことができないケースもありますが、弊社は全国都道府県どこからでもお問い合わせを受け付けており、ご案内が可能です。

②ご契約手続き

弊社指定の申込書に必要事項をご記入のうえ、法人印のご捺印をお願いいたします。
その後、契約内容を再度確認し、問題なければご契約に際して重要事項等ご案内の上、ご契約となります。

③ご希望端末の発送

お申し込みを頂いた端末の発送依頼をかけ、お客様の元へ郵送いたします。
商品が到着しましたら担当へご連絡をお願いします。
その後、端末の登録作業へ入ります。

④ご利用開始

端末の登録作業が完了次第、お客様へご連絡を差し上げます。
無事に登録完了の連絡が来ましたら、納品完了となります。
弊社のご利用開始までをより詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

6.最後に

今回は法人契約と個人契約との違いや、実際の法人契約の方法についてご紹介しました。
法人契約をすることで、様々なメリットを得ることができます。
法人契約には時代に合わせた料金プランや機種がありますので、よりお得に使い続けるためにも、定期的な見直しをお勧めします。
この機会に、ご自身でお使いの契約内容を見直してみてはいかがでしょうか?

< 法人携帯のコスト削減3つのポイント!毎月の通話料をお得にしよう

法人携帯のおすすめは?役立つスマホ最新機種をご紹介 >

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 5

    社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介
  • 社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介

    2021年現在、昨今の在宅勤務などさまざまな働き方が出てきている流れを受けて、社用携帯の導入を検討している法人様は多いのではないでしょうか。2015年にMM総研が従業員100名以上の法人503社において実施した調査によると、法人名義の携帯電話・PHS、スマートフォンのいずれかを現在従業員や役員等に「配布している」企業は全体の72.6%、「配布していない」企業は27.4%でした。