法人携帯はレンタルor購入どちらがお得?メリット・デメリットを徹底調査|法人携帯テレニシ.biz

法人携帯はレンタルor購入どちらがお得?メリット・デメリットを徹底調査

法人携帯はレンタルor購入どちらがお得?メリット・デメリットを徹底調査

法人携帯を契約するにあたって、大きく分けてレンタルするのか端末を購入するべきかお悩みの方が多いのではないでしょうか。
レンタル契約で法人携帯を使用する場合と購入した法人携帯を使用する場合とでは、使い方によってかかる料金が大きく変わってきます。
そこで、レンタルの場合と購入の場合の料金を比較し、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

1.レンタルVS購入 料金比較

レンタルサービスと端末購入の料金を比較すると、キャリアや機種によって金額や内容に差はありますが、初期費用と月額費用に違いがあります。
まず、レンタルの場合だけにかかる料金としては1台あたりの端末レンタル料金があります。スマートフォンかガラケーかなど機種にもよりますが、1週間に1,500~4,000円(税抜)(税込1,650円~4,400円)※前後かかります。
端末を購入する場合は事務手数料や購入する機種の代金が挙げられます。
端末購入にかかる事務手数料は1台あたり3,000円(税抜)(税込3,300円)ほど、機種代金は幅がありますが30,000円〜80,000円(税抜)(税込33,000円〜88,000円)ほどになることが多いでしょう。
最後に、レンタルでも購入でも必要な月額回線利用料やデータ通信料がありますがこちらはプランにより様々です。
機種にもよりますが、半年以上使用される場合は購入の方がお得もしれませんね。

2.レンタルVS購入 活用シーン

レンタルと購入のそれぞれに、おすすめの活用シーンがあります。
それぞれの違いについてご紹介します。

(1)レンタルの方がおすすめな活用シーン

レンタルの方がおすすめな活用シーンは、イベントや出張時など単発や短期間で使用したいケースです。
法人携帯を購入する場合、最低でも1〜2年契約となりますが、レンタルであれば1ヶ月単位など短期間での契約期間での使用が可能で、1週間や1日単位で借りることが可能なサービスもあります。
また、レンタルの場合はモバイル端末とあわせてiPadなどのタブレット端末やWi-Fiなども借りることができますので、短期間にその時だけ必要な端末を借りる場合におすすめです。
特に、セミナーやイベント、ポップアップストアなど利用期間が短いシーンを想定なさっているのであれば、短期レンタルがおすすめと言えるでしょう。

(2)購入したほうがお得な活用シーン

購入した方がおトクになる活用シーンは、今後長期にわたって法人携帯を使用して業務をしていくケースです。
通常の業務でオフィスと現場間で通話をする機会が多い場合や、社内携帯として部署間でやりとりをすることが多い場合には、法人携帯を購入してかけ放題プランなどを活用した方がおトクになるケースが多いでしょう。
また、短期間のレンタルを何度も繰り返す可能性があるのであれば、毎回端末を返却しなくても済みますし、長期レンタルより購入の方が手間とコストを減らせるというケースもあるでしょう。

3.レンタルのメリット

レンタルと購入それぞれの料金や活用シーンの比較を踏まえて、レンタルのメリットとデメリットについてまとめました。
まずは、レンタルのメリットを3点ご紹介します。

(1)購入するよりも安く済む場合がある

法人携帯をレンタルする場合、購入する場合よりも安くなるポイントが2点あります。
1点目は、一般的なレンタルの場合はプリペイド式が採用されている可能性が高い点です。
プリペイド式の場合は支払いを延滞されることがないため、レンタルの携帯は購入時と比べてさらに通話料を安く設定されているケースが多くなっています。

月々の請求はレンタルの方が安くなりますので、繁忙期など決まった期間や短期間だけ使用する場合は、レンタルの方が安く済み、おトクになる可能性があります。
またiPhoneなど最新機種を使用したい場合でも、レンタルなら比較的安価で使用できる場合もあります。

(2)資産にならずコスト削減になる

法人携帯を購入する場合は、会社で端末を所有することとなり、機種代金や付随するアクセサリなどを資産計上する必要がでてきます。
法人携帯をレンタルする場合は、端末の所有権利は契約会社が持っているため、経理上のコスト削減につながります。
複数の端末が必要となる場合などにはそれだけ経理処理の手間を省くことができますし、コスト削減にもつながります。

(3)トラブル時の費用を抑えられる

法人携帯をレンタルする場合、分からないことがあったり万が一のトラブルが起きたりした際には、24時間365日対応している専用のヘルプデスクに相談することができます。
購入の場合は端末の故障時には修理の期間が必要となりますが、レンタルの場合は問い合わせてから数日以内に新しい端末を届けてもらえるため、業務に支障を与えにくいという点もメリットの1つです。
また、オプションをつけることで、故障トラブルでの修理費などや端末の紛失時の有償対応を無償対応にすることができ、万が一の時の費用を抑えることもできます。

4.レンタルのデメリット

法人携帯のレンタルにはメリットも多数ありますが、デメリットとなる注意事項もいくつかあります。
契約前に知っておきたい、デメリットとなる点を3点お伝えします。

(1)違約金が高額

法人携帯をレンタルする場合、初期レンタル期間という期間が設けられます。
初回更新前の期間に機種変更や解約をする場合には違約金が発生し、回線の契約と端末の契約のそれぞれの違約金を支払うことになるケースが少なくありません。
つまり、二重に解約違約金を払うことになるので、請求金額が非常に高額になる可能性があります。

(2)使用後端末は返却する必要がある

レンタル契約の場合、回線契約の期間終了後に端末を返却しなければならず、端末を手元に置いておくことができません。
万が一、端末を紛失してしまった場合など端末を返却できなかった場合には、1台あたり40,000〜50,000円(税抜)(税込44,000〜55,000円)の高額な損害金を請求される場合があります。
紛失や盗難のリスクは常にありますので、万が一のトラブルに備えて事前に罰則については確認しておくと良いでしょう。

(3)持ち込み修理に対応していない

法人携帯を購入する場合、ショップに端末を持ち込んで修理をしてもらうことが可能ですが、レンタルの場合は持ち込み修理に対応しておらず、オンラインで修理を申し込むこととなります。
メモリーデータの復旧サポートにも対応していないため、万が一スマホが故障してしまった際に端末内の重要なデータがすべて消えてしまう可能性があります。
レンタルの場合には法人携帯の扱いに注意し、データのバックアップが取れるようにする、クラウド上にデータを置いておくなどの対応が必要となります。

5.レンタルよりもお得に購入する方法

レンタルのメリットとデメリットをご紹介しましたが、もしレンタルよりもお得に購入することができれば、そちらで申し込みしたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
弊社「テレニシ株式会社」はソフトバンクの100%子会社として、お得に法人向けの携帯を購入するために最適な機種とプランをご提案することができます。
「通話のみに特化した法人携帯の機種を購入するには?」といった用途やご要望にあわせた最適な機種や料金プランを、経験豊富なスタッフがご提案させていただきます。
最短即日、または翌営業日中のスピードお見積りにも対応しておりますので、是非ご相談くださいませ。

まとめ

法人携帯を契約するにあたり、レンタルがおトクになる場合と購入がおトクになる場合はそれぞれの契約の違いだけでなく、実際の活用シーンに最適な機種代金やプランによっても大きく変わってきます。
もし、どのような契約をするとコストを抑えられるのかでお悩みであれば、それぞれの会社様にあった最適なソリューションを格安でご提供するためのご相談にのりますので、是非一度弊社までお問い合わせいただければと思います。

【参考】

<タブレット法人契約のおすすめ機種・活用法をご紹介

通話のみでご検討中の方必見!
法人携帯のかけ放題プランをご紹介>

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは
  • 会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは

    営業職であれば会社携帯を支給されて、日々の業務連絡や顧客対応のために利用している方も多いでしょう。せっかくの休日にもかかわらず取引先やクライアントから会社携帯に着信があった場合に、どのように対応すれば良いのでしょうか?休日の電話対応は、できるだけ避けたいものです。

  • 2

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 5

    会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?
  • 会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?

    業務効率化を期待してスマホを会社携帯として社員に支給する場合、社員が法人携帯を使って業務とは関係ないSNSや動画の閲覧など私的利用する可能性を踏まえた対策をする必要があります。私的な電話・メールの使用やインターネットを利用した問題行動が起きている場合に、管理者側でどこまで履歴を確認できるのか使用状況の確認方法を知っておきたい、あるいはプライベートな利用を防ぐ対策をしておきたいとお考えの方も多いでしょう。