会社携帯のテザリング機能の利用について、メリットと注意点を徹底解説!|法人携帯テレニシ.biz

会社携帯のテザリング機能の利用について、メリットと注意点を徹底解説!

会社携帯のテザリング機能の利用について、メリットと注意点を徹底解説!

オフィスや自宅ではなく外出先でパソコンを使いたい時に、クラウドストレージのファイルを開いて作業したり、社内ネットワークにアクセスしたりするにはWi-Fi環境が必要です。
そんな時に便利なのが、テザリング機能でしょう。
テザリングと呼ばれるのは、主にスマートフォンなどを介してWi-Fi接続ができるようになる機能のことです。
どれもほとんどのスマートフォンで使用可能で、ケータイでもテザリングの対応機種であれば、どこにいてもパソコンでネットに接続することができるようになります。
今回は、法人携帯を使ったテザリング機能についてご紹介し、メリットや注意点について詳しく解説します。

1.テザリングとは?

テザリングとは「紐づける」の意で、スマートフォンを介してパソコンやゲーム機などの端末とネット環境を結びつけられるサービスのことです。
iPhoneなどのスマートフォンやiPadなどのタブレット端末を通じて、パソコンのインターネット接続ができるようになります。
Docomoのスマートフォンをお使いの場合は特に設定が必要ありませんが、auとソフトバンクのスマートフォンをご使用の場合は、テザリングオプションを申し込むことで使えるようになります。

①テザリングの種類

テザリングの種類には、大きく分けて3パターンがあります。
1種類目は最も一般的な方法で、お手持ちのスマートフォンがWi-Fiルーターの機能を持つWi-Fiテザリングです。
Wi-Fiは対応デバイスも多く、高速な通信ができることが大きな特徴です。
同時に複数台の端末を接続することができますが、その場合通信速度は落ちてしまいます。

2種類目は、Bluetoothテザリングです。
バッテリーの消費量が少ないことが特徴ですが、Bluetoothに対応するデバイスでなければ接続できません。
また、通信速度も遅いため、大容量のデータをやり取りする場合にはあまり向きません。

3種類目は、USBテザリングです。
USBケーブルを使って有線で機器を直接結びつける方法になるため、電波の混雑などの影響を受けにくいことが大きな特徴です。
Wi-Fi接続より通信速度も速くなりますし、長時間インターネット接続をする際には最適です。
反面、必ずケーブルを持ち歩く必要があり、同時に接続できるのは一台のみとなります。

②テザリングとWi-Fiの違いとは

テザリングについてご説明してきましたが、テザリングとWi-Fiの違いがよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。
テザリングは、スマートフォンのデータ通信を通じてインターネット接続をする方法です。
Wi-Fiは、ルーターやポケットWi-Fiの無線LANを通じてインターネット接続をする方法です。
テザリングとWi-Fiの大きな違いは、スマートフォンを通じて接続をしているかどうかという部分になります。

2.テザリングを利用するメリットと注意点

テザリング機能について説明しましたが、具体的なメリットと注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。
それぞれ、解説します。

①テザリングを利用するメリット

自宅やオフィスの固定型のWi-Fiルーターでは接続できていても、外出先では使えません。
移動しながらパソコンのインターネット通信を使いたい時には、アクセスポイントを探したり、ポケットWi-Fiを使用したり、テザリングをしたりといくつか方法があります。

アクセスポイントは限られていますし、ポケットWi-Fiは通信エリアが限られてしまいます。
また、ポケットWi-Fi自体にも端末代や月額費用がかかることや、紛失してしまう危険性もあります。
その点、テザリングはお手持ちのスマホの通信回線を利用するため、電波が届く範囲の場所であればどこででも接続できることが大きなメリットとなります。

②テザリングを利用する注意点

テザリングを利用する上での注意点は、3つほどあります。
テザリングでスマホの通信回線を使用する場合は、利用した分だけデータ量を消費します。
まず、使い方によっては、パケット通信料が高額になってしまう可能性があります。
また、データプランの最大量によっては、通信制限に引っかかってしまって通信速度が遅くなってしまう場合もあります。
それだけでなく、スマホ自体のバッテリー消費量も大きく上がりますので、外出先でのスマホの電池の減りは増えるでしょう。

3.テザリングの活用術

テザリングをする際のメリットや注意点を踏まえて、テザリングの通信が不要な際にはスマホ側の設定をこまめに切るなど、通信量がかかりすぎないような対策を取ることが大切です。

テザリングを使うことが多いのであれば、データプランの見直しも必要です。
SoftBankで契約をしている場合、法人の方であれば、3GBまでの少なめの定額データプランではなく、データ容量無制限で30GBまで低速化しない「メリハリ無制限」での契約がおすすめです。
これらの契約で余ったデータ通信量は、親回線のスマホのデータ量をタブレットなどの他の端末とデータシェアして分け合うことができ、無駄なく使うこともできます。
ただし、テザリング・データシェアは計30GBまでとなります。

また、スマートフォンの電池が思わぬ際に落ちてしまわないよう、充電器を持ち歩いたりモバイルバッテリーを活用したりすることもおすすめです。

4.テザリングを利用するための設定方法

使い方によって格段に便利になるテザリングですが、オプションサービスに加入できていればスマホからの設定だけですぐに使用することができます。
設定方法などはiPhoneとAndroidで多少異なる部分がありますので、それぞれ解説します。

iPhoneの場合は、テザリング機能のことを「インターネット共有」と呼びます。
まず、「設定」アプリからWi-FiとBluetoothの機能をオンに設定します。
その上で、「設定」アプリの「インターネット共有」をタップすることで、テザリングのオンオフができるようになります。

「インターネット共有」をオンにすると、スマートフォンの名前(SSID)のアクセスポイントがパソコンのWi-Fi一覧に表示されますので、クリックして設定します。
インターネット共有のボタンの下に、パソコン側で入力するパスワードが表示されていますので、こちらを入力すればテザリングできます。

Androidのスマホの場合は、「設定」アプリから「ネットワークとインターネット」をタップし、続けて「アクセスポイントとテザリング」をタップします。
この画面内で、テザリングの種類を選んで接続できるようになります。
パソコンのWi-Fi一覧にスマホの名前(SSID)が表示されたら、そこにパスワードを入力することでテザリングできます。
スマホの名前とパスワードは「Wi-Fiアクセスポイント」をタップすることで確認ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
このように、テザリングはポイントを抑えれば外出先での仕事を格段に便利にさせてくれる機能です。
法人携帯のご購入を検討されている場合、上記でもおすすめした「メリハリ無制限」のプランと合わせてお申し込みいただくことがおすすめです。
弊社では他にも、法人携帯の契約で分からないことや心配な点などがあればご相談に乗っておりますので、どのように業務で活用できるのかなども踏まえて、一度お問い合わせいただければと思います。
インターネット上から手軽に法人携帯の契約ができますので、法人携帯の購入やプランのことなどでご相談、ご質問などございましたら、是非お気軽にご連絡くださいませ。

<業務用スマホのビジネス活用に、おすすめな理由をご紹介!

法人携帯ご契約時の審査内容とは?
審査に落ちないために必要なこと>

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 5

    社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介
  • 社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介

    2021年現在、昨今の在宅勤務などさまざまな働き方が出てきている流れを受けて、社用携帯の導入を検討している法人様は多いのではないでしょうか。2015年にMM総研が従業員100名以上の法人503社において実施した調査によると、法人名義の携帯電話・PHS、スマートフォンのいずれかを現在従業員や役員等に「配布している」企業は全体の72.6%、「配布していない」企業は27.4%でした。