格安SIMは法人契約できる?大手キャリアとの違いは?|法人携帯テレニシ.biz

格安SIMは法人契約できる?大手キャリアとの違いは?

格安SIMは法人契約できる?大手キャリアとの違いは?

携帯電話の料金のコストを下げる上で、格安SIMを検討している法人の方は少なくないでしょう。
法人でも格安SIMで契約をすることができますが、大手キャリアのサービスと比べた場合のメリットやデメリットなどが分からないとどちらを選んだ方が良いか決めかねてしまうかと思います。
そこで、今回は大手キャリアの法人携帯を契約する場合と、どのような違いがあるのかをご紹介します。

1.格安SIMとは?

格安SIMとは、携帯電話会社が加入者に発行するSIMカードを提供するサービスで、大手キャリアの設備を借りて格安でサービスを提供するサービス会社などを指す言葉です。
支払い方法などは通常の端末の契約とほとんど変わらないため、解約と契約の手続きだけで使い始めることができます。

2.格安SIMで法人契約するメリット・デメリット

大手キャリアではなく格安SIMで法人契約をするにあたって、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
法人専用の契約をするにあたってのメリデメをそれぞれご紹介します。

①格安SIMで法人契約するメリット

格安SIMで法人契約する場合のメリットを、大きく分けて3つご紹介します。

①格安で使用できる

まず、最も大きなメリットとして、その名の通り格安の価格で使用することができます。
各サービスによって様々な料金プランが用意されており、契約期間の縛りや初期費用などがほとんどかからずに切り替えることのできるサービスもあります。
ただ大手キャリアの場合もキャンペーン時期などは初期費用が割り引かれる場合もありますので、ぜひ契約時にはチェックすることをおすすめします。

②使える端末の選択肢が多い

格安SIMの場合、使える端末の選択肢が多いことも特徴のひとつです。
SIMカードを挿すことができれば使えるため、機種代をできるだけ安いものに抑えたい企業様や中古端末を使用したい法人様にはおすすめの活用となっています。

③海外でも使える

格安SIMには、回線を借りている携帯電話会社のサービスを利用して、国際ローミングサービスを提供していることが多いです。
日本で使っているスマホとSIMを海外でも同じように使えるというのは、海外旅行や海外出張のある方にはおすすめです。

②格安SIMで法人契約するデメリット

反対に、格安SIMで法人契約する上でのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

①通信速度が安定しない

通信速度の安定感は、大手キャリアの安定感と比べると不安定になります。
特に、アクセスが集中する時間帯などに動画を再生する場合などには、通信速度が安定しない可能性があります。
業務上いざというときに繋がらないのは困る、という方にはちょっと難しいかもしれません。

②セキュリティ対策が弱いものも

格安SIMの場合、中にはセキュリティ対策が弱いものも存在します。
業務で使うとなると個人情報や業務上の機密事項を取り扱う場合も多く、セキュリティが弱いと情報漏洩などの懸念があります。
大手キャリアの場合は法人様向けにビジネスに特化したセキュリティなどをオプションで付けることもでき、そのあたりは安心かもしれません。
ソフトバンクでは「法人基本パック」というオプションがあり、安否確認や迷惑電話ブロック、安心遠隔ロックなど法人様に特化したセキュリティ機能がついたオプションがあります。また外部への対策だけでなく、業務上必要なサイトのみ閲覧可能にするなど管理者が社員の携帯を一元管理できる仕組みもうれしいポイントです。



格安SIMの中にはセキュリティアプリを入れることのできるオプションのあるサービスもありますが、セキュリティ観点はチェックしたいポイントです。


③実店舗がほとんどない

格安SIMの場合、実店舗がほとんどないサービス会社もあります。
サービスを格安で提供するため、ショップを展開していないサービスなどもあるので、何か困ったときに直接ショップに行ってサポートを受けたいという方にとってはデメリットになるでしょう。

③大手キャリアの法人契約との違い

格安SIMの端末を使う上では、さまざまなメリットとデメリットがあることをご紹介しました。
プランとしては、格安SIMにもさまざまな法人向けサービスが提供されていますが、大手キャリアの法人契約との違いとしては、Webやメールなどネットワークを利用する際の端末自体の通信速度の面にあると言えるでしょう。
またセキュリティ面も大手キャリアの方が充実している場合もあります。

3.法人契約できる代表的な格安SIM(2021年7月現在)

法人契約が可能な代表的な格安SIMを、データ容量3GB前後のプランでの月額基本料金を比較し、ご紹介します。
どのプランも税込金額で統一しています。

①ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクの回線を使用した格安SIMサービスです。
データ通信3GB+音声通話機能で2,178円(税込)(税抜1,980円)ですが、2回線以上の契約割引で1,408円(税込)(税抜1,280円)になります。
月額770円(税込)(税抜700円)で他キャリア含むすべての10分以内の国内通話が0円になるかけ放題や、月額550円(税込)(税抜500円)でデータ増量するものなど、オプションも充実しています。
5Gに対応していることや、15GB、25GBといった容量の多いプランが比較的安価に契約できることから、4Gや5Gで容量を使う使い方をご希望の方におすすめのサービスと言えるでしょう。

②mineo

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使用した格安SIMサービスです。
大手キャリアそれぞれに対応したプランがあるため、電話番号などを変えずに現在お手持ちの端末をそのまま使えることが最も大きな強みでしょう。
データ通信のみで音声通話機能を使用しないドコモ、au端末は770円(税込)(税抜700円)から契約でき、auの場合はデータ通信3GB+通話機能で1,661円~(税込)(税抜1,510円~)となります。
動作確認済みの対応端末は500機種以上あり、お手持ちの端末で契約を検討したい方は是非まず対応しているかチェックしてみてはいかがでしょうか。

③BIGLOBE

BIGLOBEは、ドコモ、auの回線を使用した格安SIMサービスです。
データ通信のみで音声通話機能を使用しない、低速100MBで440円(税込)(税抜400円)から契約でき、データ通信3GB+通話機能で1,100円(税込)(税抜1,000円)となります。
PTAや任意団体の方でも申し込みができる他、エリアによってドコモのタイプとauのエリアを選ぶことができます。
ビッグローブの場合は、買う前の7日間お試しもできるので、事前に一度速度の確認や接続状況の確認をしてみても良いでしょう。

④楽天モバイル

楽天モバイルは、ドコモの回線を使用した格安SIMサービスです。
データ通信のみで音声通話機能を使用しない端末は577円(税込)(税抜525円)から契約でき、ベーシックプランで1375円(税込)(税抜1,250円)、データ通信3.1GB+通話機能で1760円(税込)(税抜1,600円)となります。
契約する回線数やプランを毎月変えられる点から、頻繁に状況が変わる場合でも最適なサービス会社ではないでしょうか。

⑤NifMo

NifMoは、ドコモの回線を使用した格安SIMサービスです。
データ通信のみで音声通話機能を使用しない端末は528円(税込)(税抜480円)から契約でき、データ通信3GB+通話機能で1760円(税込)(税抜1,600円)となります。
法人用のデータシェアプランや夜間に特化したプランなどもあり、特定の使用の仕方をする場合は非常に安価に契約できる可能性があります。

⑥ocn

ocnは、ドコモの回線を使用したSIMカードのみ提供する形のサービスです。
SMSや国際ローミングの使えるライトMVNOと通信量の日次制限のないフルMVNOがあります。
iPhoneなどのスマホやタブレットを用意する必要はありますが、3GB1100円(税込)(税抜1,000円)で契約することができます。
利用開始前の準備期間は月額165円(税込)(税抜150円)、閑散期などの一時休止期間は月額33円(税込)(税抜30円)で利用中断することもでき、不定期のイベントや繁忙期がありコスト削減が必要な方には特におすすめです。

4.大手キャリアも格安SIMに負けないくらい安くできる?

ここまで格安SIMについて比較してきましたが、プランによっては格安SIMと同じくらいの価格まで抑えることできるかもしれません。例えばキャンペーンを行っている場合や法人契約にすることで法人割引が適用される場合もあります。

5Gにも標準対応しており、中容量のプランと通信速度の安定感をご希望の場合は大手キャリアの新プランを検討するのも良いでしょう。

まとめ

格安SIMと大手キャリアの法人契約を比べてみると

  • 格安SIMは安い、でも法人様のプランによっては大手キャリアでも同等くらいの価格まで下げれる可能性も。
  • セキュリティや回線のつながり方が安定しているのは大手キャリア

といったような違いがあります。
ぜひ格安SIMでの会社携帯の導入を検討されている企業様も、大手キャリアとも比較してみることをおすすめします。

契約をする上での流れや対応機種を詳しく知りたい、自社の場合のお見積りの目安が知りたいなど、ご要望がございましたら是非一度ご相談くださいませ。
その他、詳細やご質問、ご相談などございましたら、是非問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

【参照】

<会社携帯のGPSで従業員監視は違法?
メリットと注意点を徹底解説!

法人専用wi-fiでビジネスを快適にするポイント>

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは
  • 会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは

    営業職であれば会社携帯を支給されて、日々の業務連絡や顧客対応のために利用している方も多いでしょう。せっかくの休日にもかかわらず取引先やクライアントから会社携帯に着信があった場合に、どのように対応すれば良いのでしょうか?休日の電話対応は、できるだけ避けたいものです。

  • 2

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 5

    会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?
  • 会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?

    業務効率化を期待してスマホを会社携帯として社員に支給する場合、社員が法人携帯を使って業務とは関係ないSNSや動画の閲覧など私的利用する可能性を踏まえた対策をする必要があります。私的な電話・メールの使用やインターネットを利用した問題行動が起きている場合に、管理者側でどこまで履歴を確認できるのか使用状況の確認方法を知っておきたい、あるいはプライベートな利用を防ぐ対策をしておきたいとお考えの方も多いでしょう。