健康経営に取り組むメリットとは?導入におすすめな商材も紹介!|法人携帯テレニシ.biz

健康経営に取り組むメリットとは?導入におすすめな商材も紹介!

健康経営に取り組むメリットとは?導入におすすめな商材も紹介!

少子高齢化で労働人口の減少が著しい日本では「健康への投資を促進し、就労世代の活力向上や健康寿命の延伸等を実現することが重要」との政府の方針のもと、健康経営が推進されています。


実際に、新型コロナウイルス感染症の影響や働き方の多様化にともない、自社への健康経営の導入を検討している経営者や人事担当者の方も多いでしょう。


そこで本記事では今注目されている健康経営の概要や取り組むメリットについて解説します。健康経営の導入におすすめな商材も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.健康経営とは?

健康経営とは、企業にとって従業員の健康増進が収益を高める投資だという観点から、戦略的に「健康管理」を行う取り組みのことです。経済産業省は、健康経営を「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの1つとして位置付けています。


健康経営の考え方に基づいた具体的な取り組みは「健康投資」と呼ばれており、次のような企業や社会への効果を期待できるとされています。


左右にスライドすると表を見ることができます

健康投資の効果
企業 社会
  • 従業員の健康増進・活力向上
  • 経営課題解決に向けた基礎体力の向上
  • 組織の活性化・生産性向上
  • イノベーションの源泉の獲得・拡大
  • 優秀な人材の獲得、人材の定着率の向上
  • 企業の成長ポテンシャルの向上
  • 業績および企業価値の向上
  • 国民の生活の質(QOL)の向上
  • ヘルスケア産業の創出
  • 医療費負担の伸びを抑制し、あるべき国民医療費の実現

従業員の心身の健康状態を改善することが労働生産性の向上につながり、組織の活性化や企業価値の向上につながるという考え方がポイントです。


政府は健康経営を実践する優良法人を「見える化」するために、上場企業を対象に「健康経営銘柄の選定」を2014年度から、また「健康経営優良法人認定制度」を2016年度から推進しています。


それぞれが求められている社会的な役割は、次のとおりです。


  • 健康経営銘柄企業:健康経営を普及・拡大させる「アンバサダー」の役割
  • 健康経営優良法人 大規模法人部門(ホワイト500): ホワイト企業とも呼ばれ、健康経営を普及・拡大していく「トップランナー」の役割
  • 健康経営優良法人 中小規模法人部門(ブライト500): 地域における健康経営の取り組み事例を発信する役割

また「健康経営銘柄」の選定および「健康経営優良法人(大規模法人部門)」の認定の基礎情報を得るために実施された令和3年度(2021年度)健康経営度調査では、「経営理念」「組織体制」「制度・施策実行」「評価・改善」「法令遵守・リスクマネジメント」が評価項目として設けられていました。

2.健康経営をなぜ取り組むのか?

昨今、会社が経営理念に基づき社員の健康管理に配慮する健康経営が注目されている背景には、働き方改革と新型コロナウイルス感染症の影響があります。


2019年4月から長時間労働の是正や在宅勤務の推進など、労務管理上の課題解決を目指した働き方改革関連法が順次施行されていることをご存知でしょう。


長時間労働にともない睡眠時間が減少した結果、パフォーマンス・モチベーションの低下や過労死のリスクを招き、メンタルヘルス不調者をうむ要因になっていることは広く知られています。長時間労働の是正による睡眠時間の確保は、非常に重要な課題だというわけです。


働き方改革には、とくに中小企業・小規模事業者が助成金を活用するなどして労働環境を改善し魅力ある職場とすることで人手不足の解消を図る目的があります。


実はさまざまな調査レポートで公表されたデータにおいて、健康経営を含む働き方改革に関連する施策を実施した企業の利益率が上昇している状況が見られました。またウィズ・コロナの状態でも、従業員が健康的に働ける労働環境づくりが重要視されています。


そこで健康経営と働き方改革の両立を意識しながら、社員のストレスを軽減する労務管理が企業に求められているのです。


具体的な取り組み方としては、健康診断やストレスチェックなどを活用して、企業側は社員の健康課題を積極的に把握したりメンタルヘルスケアをサポートしたりして、働きやすい職場づくりを目指すことが大切です。

3.健康経営のメリット

ここでは、健康経営に取り組むメリットについて見ていきましょう。考えられるメリットは、次のとおりです。


  • 労働生産性が向上する
  • 医療費の適正化につながり、企業負担の医療費を軽減できる
  • 企業価値が高まりイメージアップにつながる
  • 従業員の離職率が低下する
  • 優秀な人材を確保できる
  • 自治体や金融機関からインセンティブを付与される

健康増進による労働生産性の向上は、健康経営のメリットであると同時に戦略的なゴールです。会社が社員の健康管理を積極的に実施すれば、将来的な企業負担の医療費削減につながります。


経営戦略として健康経営に取り組むと、社内外でワークライフバランスに配慮した会社というイメージや評価が高まるのがポイントです。健康経営銘柄・健康経営優良法人として成果やパフォーマンスを発信することで、企業イメージが向上するでしょう。


社会的に企業イメージが向上すると求職者が増加する可能性があることから、優秀な人材の確保や従業員の離職率の低下など人手不足対策としても効果的です。また自治体や金融機関からのインセンティブを受けやすくなるのも大きなメリットでしょう。


一方、企業側のデメリットは、短期的に効果が見えづらいことです。従業員側にとっても、定期的な健康診断やストレスチェック、イベント・セミナーへの参加など時間外の拘束時間が増えるので導入時にはしっかり説明するようにしてください。

4.健康経営の取り組みにおすすめな商材を紹介

ここでは健康経営の取り組みを計画しているなら、「LINE WORKS」「スマート福利厚生」「HELPO」の3つがおすすめです。

コミュニケーションを活性化「LINE WORKS」

在宅勤務のスタッフやトラックドライバーなど遠隔地で働く従業員も含め、オフィス全体のコミュニケーションを活性化したいなら「LINE WORKS」がおすすめです。


複数のグループウェアを1つのアプリに統合したビジネスチャットツールなので、間接業務の効率化、情報共有スピードの向上や営業活動のリードタイム短縮などに役立ちます。


長時間労働を是正するなら、報告・連絡・相談のしやすい環境づくりが重要です。LINE WORKSならテレワークなど柔軟な働き方に対応できるうえ、「LINE」と似ていて使いやすいことから導入教育も不要で、導入したその日から誰でも簡単に使えます。

人材確保・定着「スマート福利厚生」

「スマート福利厚生」は、総合福利厚生サービスとして業界トップシェアを誇るBenefit Stationとコラボし、人材定着などの課題を低コスト・手間なしで解決するサービスです。


福利厚生が充実していることを求人欄においてアピールすれば、効率的な人材募集を実現できます。短時間でビジネスを学べる書籍要約サービスや雑誌読み放題、専門家への相談サービスなど従業員のプライベートを充実できるサービスが揃っているので、離職を防ぐことも可能です。


一問一答形式で回答を得られる安否確認もLINE WORKSを使って簡単にできるほか、結果もアプリから確認できます。

従業員の健康維持「HELPO」

「HELPO(ヘルポ)」は、体調不良時に、ちょっとした身体の不安を医療専門チームに24時間365日気軽に相談できるチャットサービスです。新型コロナウイルスの影響で、企業や従業員が抱える健康課題を解決するサービスとして注目されています。


「HELPO」を活用すれば、隙間時間にスマホからチャットを通じて体調不安について相談できるのがポイントです。健康状態が悪化する前に、適切な対応を医療専門チームから症状に合わせて案内してもらえます。


顔を合わせない働き方が浸透している昨今、従業員の健康づくりを考えるうえでおすすめのサービスです。

5.健康経営の実現に向けてルール作りが大切

健康経営の実現に向けて、施策を策定したり実行したりする際に土台となるルール作りが大切です。例えばヘルスリテラシー向上のための研修を実施して、まず社内の健康経営への理解を深めるようにしましょう。


そのうえで、ワークライフバランスへ配慮したり、病気と仕事を両立したりするために必要な社内ルールを整備することが大切です。

6.まとめ

本記事では、健康経営に取り組むメリットについてご紹介しました。健康経営は、医療費の増大や労働人口減少などの社会的な背景から、政府が積極的に推進している施策です。


新型コロナウイルスの影響下でも社員が心身ともに健康的に働ける環境を整えることが、生産性を維持・向上させていくために重要視されています。また健康経営の取り組みを社外へアピールすれば、人材不足の解消やインセンティブの獲得に役立つでしょう。


弊社では法人様の健康経営をサポートできるサービスをご用意しておりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせくださいませ。

【参考】

< 個人情報漏洩の対策は万全ですか?
企業が取り組むべきセキュリティ対策

国内シェアNO.1のBCDMとは?
端末一元管理の特徴をご紹介 >

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは
  • 会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは

    営業職であれば会社携帯を支給されて、日々の業務連絡や顧客対応のために利用している方も多いでしょう。せっかくの休日にもかかわらず取引先やクライアントから会社携帯に着信があった場合に、どのように対応すれば良いのでしょうか?休日の電話対応は、できるだけ避けたいものです。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 3

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 4

    会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?
  • 会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?

    業務効率化を期待してスマホを会社携帯として社員に支給する場合、社員が法人携帯を使って業務とは関係ないSNSや動画の閲覧など私的利用する可能性を踏まえた対策をする必要があります。私的な電話・メールの使用やインターネットを利用した問題行動が起きている場合に、管理者側でどこまで履歴を確認できるのか使用状況の確認方法を知っておきたい、あるいはプライベートな利用を防ぐ対策をしておきたいとお考えの方も多いでしょう。

  • 5

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。