法人携帯にはiPhoneがおすすめな理由|法人携帯テレニシ.biz

法人携帯にはiPhoneがおすすめな理由

法人携帯お役立ち記事

2019年日本のスマホシェアの60%をiPhoneが占めており残りの40%をAndroidが占めていますが、法人携帯にはどちらが適しているのかお悩みの企業様も多いのではないかと思います。
今回は法人携帯でiPhoneを使用するにあたり、優れている点・気になる点についてご紹介いたします。

1.法人iPhoneの優れている点

その1. セキュリティ面が強い

顧客情報を扱う業務用端末で欠かせないのがセキュリティ対策です。
iPhoneはサンドボックスというセキュリティの仕組みを採用していており、保護された空間でアプリやデータをやり取りしています。その為Androidと違い、ウィルスなどを誰かから直接受け取るということはありません。
営業マンの中には法人携帯で顧客管理をされている方も多いと思いますので、この点は法人携帯を導入するにあたり重要視すべき点となりますね。

その2. シンプルで使い勝手が良く、社内全体への教育が必要ない

iPhoneといえばユーザー目線で使いやすいデザインが好評です。それに加え日本のシェアが60%という点からしても、日常的にiPhoneを使用し使い慣れている方が多いです。
導入してすぐに活用できるというのは、管理者からしても負担が少なくて済みます。

2.法人iPhoneの気になる点

その1. 端末代が高い

法人契約をする携帯電話といえども、iPhoneの端末代はAndroidと比べると高額です。
通常であれば端末だけで1台10万円を超えるものも多く、月額費用も7~8,000円位はかかります。

その2. 衝撃耐性や防水耐性、耐久性が低い

iPhoneはすぐ画面が割れてしまったり、耐水性がないというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
実はiPhone7以降は防沫・耐水・防塵性能が備わっており、少しづつ耐久性が上がってきています。
また万が一端末が壊れてしまっても、テレニシ.bizでのご購入の場合は安心です。
テレニシ.bizの運営会社であるテレニシでは、全国で約100店舗のソフトバンクショップを運営しており、その中の11店舗(2020年1月末現在)はiPhone修理の取次店舗として修理を依頼することができます。
またテレニシが運営している「カバーガレージ」では直接店舗でのiPhone修理を行っており、店舗に行けばすぐに修理対応することができます。
カバーガレージは修理以外にもスマホアクセサリーを販売しており、iPhoneを守るために必要なスマホケースなどもその場ですぐご購入いただけます。

3.対象店舗

【東北】SB仙台一番町
【関東】カバーガレージイーアスつくば
【中部・北陸】SB岐南※、SBイオンモールとなみ※、SB金沢ベイ※
【近畿】SBJR茨木駅前※、SB今福西※、カバーガレージ京阪京橋
【中四国・九州・沖縄】SBイオンモール岡山※、SB天神※、SBモーテ桂浜※、SB天神※、SB都城中央※、カバーガレージ都城
※印の店舗はApple社への修理取次店舗になり、即日対応はしかねますがご了承ください。

4.まとめ

今回は、法人携帯におけるiPhoneのポイントについてご紹介させていただきました。
iPhoneはセキュリティ面で信頼でき、多くの人が使いやすいというメリットがあります。その分費用はAndroidと比べ高額ではありますが、キャンペーンを利用することでお得に導入することができます!
このキャンペーンはテレニシ.bizでのみ開催しているキャンペーンとなりますので、この機会にぜひお問い合わせください。

< 法人携帯のおすすめは?役立つスマホ最新機種をご紹介

   

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 5

    社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介
  • 社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介

    2021年現在、昨今の在宅勤務などさまざまな働き方が出てきている流れを受けて、社用携帯の導入を検討している法人様は多いのではないでしょうか。2015年にMM総研が従業員100名以上の法人503社において実施した調査によると、法人名義の携帯電話・PHS、スマートフォンのいずれかを現在従業員や役員等に「配布している」企業は全体の72.6%、「配布していない」企業は27.4%でした。