ソフトバンクの法人サービスを活用して業務を効率化!|法人携帯テレニシ.biz

ソフトバンクの法人サービスを活用して業務を効率化!

ソフトバンクの法人サービスを活用して業務を効率化!

ソフトバンクの携帯電話やスマホを法人契約した場合、さまざまな法人向けオプションサービスを活用することができます。
法人向けのオプションには、業務を効率化するための便利なサービスや、セキュリティ面や万が一の時に安心なサービスなど、業務をサポートしてくれる機能が備わっています。
これらのオプションについて解説し、できるだけコストを抑えて取り入れられる、おトクなパックについても解説します。

1.モバイルデバイスの活用に欠かせないオプションサービスをご紹介

業務でモバイルデバイスを活用していく上で欠かせない、便利なオプションサービスはいくつもあります。

通話に関するものやセキュリティに関するもの、メールの配信や位置情報の特定など、さまざまなジャンルのオプションがありますが、その中でも、特にビジネス利用をしていく上で便利な機能を5つ取り上げてご紹介します。

(1)安否確認

安否確認とは、災害時に法人スマホを貸与している従業員に対し、災害用伝言板への登録依頼を行い、その結果を一括で確認できるサービスです。

法人スマホの管理者は、法人コンシェルサイトを通じて安否情報の依頼をかけて報告をもらうことができます。

災害時には、一人一人の従業員の安否を確認しようとしても音声通信がつながりにくく、なかなか連絡が取れない場合もあります。こうした緊急時でも、パケット通信を使った災害用伝言板であれば、効率よくかんたんに報告の依頼と集計ができます。

(2)一斉メッセージ配信

一斉メッセージ配信とは、管理者が法人コンシェルサイトから、メッセージを一度に5,000台までの携帯電話宛に配信のできるサービスです。

配信可能なメッセージのタイプはSMS、S!メール、Eメールとなっており、Eメールの場合は添付ファイルも含めて最大100KBまでのメッセージの配信が可能です。

従業員に一斉に通達メッセージを送ることが可能なだけでなく、「位置ナビ一斉検索」のオプションと併用することも可能です。GPSを取得した位置ナビの画面を見て従業員の位置を確認し、特定地域にいる社員にだけ一斉メッセージを送って次の現場下の移動を促す、などの活用方法をとることも可能です。

(3)共有電話帳

共有電話帳は、複数の携帯電話の電話帳リストを一括でサーバーに登録し、社員間で電話帳を共有できるサービスです。

社員の個別の電話帳だけでなく、社内で共有したい電話番号などを登録した共通の電話帳を、区別して持つことができるようになります。部署ごとに使用する電話帳を設定することも可能で、社内の異動にあわせて電話帳の中の取引先情報を別部署のものに適用するなどの使い方が可能です。

取引先が増えたり、電話番号が変わったりした場合にも、追加や上書き、変更、削除などのメンテナンスが手軽にできます。

(4)安心遠隔ロック

安心遠隔ロックは、携帯電話を紛失してしまったり、盗難に遭ってしまった場合に、会社のパソコンから遠隔で携帯電話をロックしたり、データ消去を行ったりできるセキュリティサービスです。

紛失した携帯電話が見つかるまでロックをかけ、拾われて不正に使われたりすることを防ぐことが可能になります。また、盗難にあってしまった携帯電話に重要なデータが入っていた場合など、電話帳や、メールや着発信履歴といったデータを遠隔で消去することができるだけでなく、出荷時の状態にまでリセットすることも可能です。

(5)一定額ストップサービス

一定額ストップサービスは、携帯電話のご利用料金が一定の額を超えたときに、音声通話やメールサービス、パケット通信などの発信を停止するサービスです。

管理者が5,000円〜10万円の間で1,000円単位の利用額の上限を設定することができます。一定額を超過すると該当の端末にお知らせメールが届き、音声発信やパケット通信などを停止してくれます。

利用料上限を設けることで、通話料がかかりすぎてしまうなどの予期せぬコストの増加を防ぐことが可能です。

2.オプションサービスをたくさん利用するなら、法人のお客さま専用の「法人基本パック」がオススメ

ソフトバンクの各種オプションサービスには、他にもさまざまなものがあります。

これらのオプションは個別で申し込むよりも、いくつものオプションがセットになっている割引サービス、「基本パック」を活用する方がコストも抑えられておすすめです。

そこで、2021年現在、端末ごとにどのような基本パックがあるのか、それぞれの毎月の料金とあわせてご紹介します。

iPhoneユーザーには「iPhone 基本パック」

iPhoneユーザーに特化したオプションが多数含まれている「iPhone 基本パック」は、回線ごとに月額523円(税込)(税抜475円)で利用できる基本パックです。

「iPhone 基本パック」には、安否確認や一斉メッセージ配信、共有電話帳、一定額ストップサービスのほか、グループ通話や留守番電話サービス、紛失ケータイ捜索サービスなどの13個のオプションが付いています。

iPhoneであればすべての機種が対応しており、iPhoneの紛失や電話時のやりとりをスムーズに行うことが可能になります。

iPadユーザーには「iPad 法人基本パック」

iPadユーザーに特化したオプションが多数含まれている「iPad 法人基本パック」は、回線ごとに月額523円(税込)(税抜475円)で利用できる基本パックです。

「iPad 法人基本パック」には、安否確認と一斉メッセージ配信、法人ケータイ紛失捜索サービス、一定額ストップサービス、プロファイル一括設定の5個のオプションが付いています。

iPadで使用する機能とセキュリティに特化したパックとなっており、イベント時などに使用する端末につけておくといざというときに役に立つオプションではないでしょうか。

スマホユーザーには「スマートフォン 基本パック」

iPhone以外のスマホを使用するユーザーに特化したオプションが多数含まれている「スマートフォン 基本パック」。
回線ごとに月額523円(税込)(税抜475円)で利用できる、基本パックです。

「スマートフォン 基本パック」には、安否確認やスマートフォン安心遠隔ロック、一斉メッセージ配信、共有電話帳、一定額ストップサービスのほか、従業員の現在地を検索する位置ナビ一斉検索などの15個のオプションが付いています。

紛失ケータイ捜索サービスやスマートセキュリティpowered by McAfee®といったウイルス検知などのオプションも充実しており、スマホを使う上で心配なセキュリティ関連で対策が取れることが特徴です。

ガラケーユーザーには「法人基本パック for 4G ケータイ」

ガラケーを使用するユーザーに特化したオプションが多数含まれている「法人基本パック for 4G ケータイ」は、回線ごとに月額523円(税込)(税抜475円)で利用できる基本パックです。

「法人基本パック for 4G ケータイ」には、安否確認や安心遠隔ロック、一斉メッセージ配信、共有電話帳、一定額ストップサービスのほか、留守番電話や割り込み通話などの通話機能オプション、危険なサイトを検知する詐欺ウォールなどの15個のオプションが付いています。

回線ごとに月額732円(税込)(税抜665円)でセキュリティ面をさらに強固にした「法人基本パックプラス for 4G ケータイ」もあり、「法人基本パック for 4G ケータイ」に加えてケータイ機能制御、ウェブアクセス指定、アクセス履歴閲覧のオプションを追加することができます。

 

3.まとめ

法人向けスマホやケータイには、このように便利なオプションが多数備わっています。
それぞれ実際の業務にあわせてカスタマイズすることが可能ですが、実際に必要な機能はどのオプションなのか、全て導入すべきなのかと、悩む方も少なくないでしょう。

弊社では、ソフトバンクの完全子会社として法人契約専門で、法人ケータイに関するさまざまなソリューションを提供しており、お客様の事業内容や状況に合わせた法人携帯の導入やカスタマイズのご相談をお受けし、最適なプランをご案内しております。

法人向け携帯を導入したいがどのオプションをつけたら良いかわからない、といったお問い合わせがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

【参考】
 

<ソフトバンクの法人コンシェルサイトで法人携帯の管理がぐんとスムーズに!

今更聞けないBYODとは?メリットとリスクをご紹介>

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは
  • 会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは

    営業職であれば会社携帯を支給されて、日々の業務連絡や顧客対応のために利用している方も多いでしょう。せっかくの休日にもかかわらず取引先やクライアントから会社携帯に着信があった場合に、どのように対応すれば良いのでしょうか?休日の電話対応は、できるだけ避けたいものです。

  • 2

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 5

    会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?
  • 会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?

    業務効率化を期待してスマホを会社携帯として社員に支給する場合、社員が法人携帯を使って業務とは関係ないSNSや動画の閲覧など私的利用する可能性を踏まえた対策をする必要があります。私的な電話・メールの使用やインターネットを利用した問題行動が起きている場合に、管理者側でどこまで履歴を確認できるのか使用状況の確認方法を知っておきたい、あるいはプライベートな利用を防ぐ対策をしておきたいとお考えの方も多いでしょう。