クラウドPBXとは -スマートフォンを使った新しいオフィス電話環境のご紹介-|法人携帯テレニシ.biz

クラウドPBXとは
-スマートフォンを使った新しいオフィス電話環境のご紹介-

クラウドPBXとは~スマートフォンを使った新しいオフィス電話環境のご紹介~

「外出中や打ち合わせ時など自分が席を外しているときに電話が取れなかった」
「在宅勤務の社員が外部の人間と連絡が取りやすいようにしたい」
「社員に貸与しているスマートフォンを活用して会社の固定電話端末費用を下げられないだろうか・・」
そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今回はクラウドPBXと呼ばれるスマートフォンを使った新しいオフィス電話環境についてご紹介します。

1.クラウドPBXとは

テレワークが普及してから「クラウドPBX」という言葉をよく聞くけど、いまいち仕組みが分からない・・そんな方は多いのではないでしょうか。
ここでは「クラウド」と「PBX」を分けてご説明させていただきます。

まず「クラウド」というのは、インターネットを活用してデータの保存・共有・管理などをネット上で可能にしたサービスのことです。クラウドサービスとも呼ばれることがあります。

クラウドのイメージ

クラウドはサービス提供者より提供されるので、使用者側で莫大な導入費用が発生せず、独自に開発する必要がないのが大きなメリットです。また「PBX」とは固定電話の回線網を利用してオフィス内の電話機で内線・外線・転送機能を利用できるようにする装置のことです。

固定電話のイメージ

例えば会社の代表電話に電話がかかってきた場合、多くはPBXに着信する仕組みになっています。PBXは受信した通話を設定されたルールに則って、配下の内線番号を有した電話機(以下、内線電話機)を呼び出します。また、それぞれの部署の内線電話を使って外部に電話をかけた場合は、PBXを介して通話先の電話につながるという仕組みになっています。

PBXの機能としては契約している電話回線番号とは別に、電話番号ごとに着信を鳴り分けるダイヤルイン機能があります。一つの電話回線で複数の電話番号を利用できるので、複数部署がある場合などで重宝される機能です。またビジネスフォンとの違いとして、拠点間の内線通信網の構築・転送ができ、外線からの着信を一つの電話回線で受け複数の電話機に共有できる機能があげられます。

つまりクラウドPBXはインターネット回線を活用してスマホ・PCで内線・外線・転送などビジネスフォンの機能を利用可能にするクラウドサービスのことです。

ビジネスフォンのイメージ

PBX使用時に使っていた固定電話の回線網がクラウド化することでインターネット回線に変わります。クラウドPBXを導入するにはスマホ・PCにアプリをインストールして、オフィス内にクラウドPBX専用のアダプターを設置するだけで導入できます。

2.クラウドPBX機能・導入メリット

クラウドPBXの導入メリットとしては主に5つ挙げられます。


  1. スマホやPCなどスマートデバイスを利用可能
  2. オフィス外でもPBX機能を利用可能
  3. 初期費用が低価格
  4. 運用コストも削減可能
  5. 業務効率を向上させるオプション機能が付与

①のメリットに関しては、従来は電話回線でしたので固定電話のみだったのが、インターネット回線の使用によってスマホやPCを活用し、チャット機能やビデオ電話なども使えるようになります。また在宅勤務時や外出先などオフィスにいなくても、会社の固定電話番号・代表番号から架電をすることが可能です。

また内線機能はアプリをインストールしたスマホやパソコンにも適用されるため、社員間通話が内線通話となり、通話料もかかりません。オプションとして通話録音機能がついているものもあります。

レイアウト変更や組織変更のたび変更していた電話回線も、クラウドPBXを導入することで、画面上で簡単につなぎなおすことができます。

3.クラウドPBX比較ポイント

クラウドPBXは多くの企業がサービスを提供しているので、どの製品が自社にあっているのか悩んでしまいますよね。
比較のポイントは以下3点が主なポイントとして挙げられます。

  1. 企業に合う機能がそろっている
  2. いざというときサポートしてもらえる
  3. セキュリティ面

クラウドPBXは製品によってさまざまな機能があります。
例えば、通話状況や稼働状況をリアルタイムに共有できたり、使っているチャットや顧客管理、メール共有システムとの連携ができたりするサービスがあります。設定変更がweb上でできたり、通話モニタリング機能がついていたりとサービス内容は多岐にわたっています。ぜひ自社に必要な機能を搭載したサービスを選んでみてください。
いざというときのサポートも重要です。クラウドPBXは企業の連絡手段ですので、使い方が分からなくてサービスを止めたりすると大変なことになります。
またクラウドPBXはネット回線に依存しているので、セキュリティ面も重要視すべき点です。二段階認証やIPアドレス制限、攻撃対策や常時監視といったサービスを行っているかを確認しておく必要があります。 提供型としてはSaaS型とPaaS型の2種類があります。

SaaS型

SaaS型の場合、一つのシステム内で複数の企業情報を管理するマルチテナント方式が採用されています。色々な企業がインターネットを介してクラウドPBXに接続しサービスを利用します。複数企業で費用負担が分配されることから、オンプレミス型に比べて非常に安価に構築できます。その一方で、インターネットを経由してクラウド上に色々なアクセスがあるため、セキュリティ面で難点があり、情報セキュリティに厳しい企業やレギュレーションで禁止している企業などは採用されにくい方式といえます。
セキュリティ面に難点があることは念頭にしつつも、格安でサービス利用できるメリットは強烈なため、多くの企業がSaaS型でクラウドPBXを利用しています。

PaaS型

PaaS型の場合、一つのシステム内には自社のみの企業情報を管理するマルチインスタンス方式が採用されています。マルチインスタンス方式では、インターネット回線経由ではなく、自社のVPN(専用回線)を活用してクラウドPBXを構築して利用することで、より強固なセキュリティ体制を築くことができます。
VPNを利用することでSaaS型に比べて構築費用がかかってしまいますが、より安心してサービス利用をしたい企業に向いているといえます。自社の利用人数やセキュリティ、利用用途などを考慮して検討することが無難です。

4.法人携帯テレニシ.bizおすすめクラウドPBX

ここからは法人携帯テレニシ.bizおすすめクラウドPBXサービスをご紹介します。

Basix

Basixのイメージ

ブラステル社のBasixはPBXが不要のクラウドIP電話サービスです。

インターネットに接続できる環境があれば、サービス利用時に必要な機器は電話機のみです。電話機が届いたら、LANケーブルをルーター(又はスイッチングHUB等)に繋ぎ、電源を入れるだけで、直ぐにお使いいただけます。 またBasix同士の通話なら他社であろうと無料というメリットもあります。
IP電話といえば「050の番号しか使えないんでしょ?」とデメリットを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。Basixでは0120や03といった代表番号でも発着信が可能なオプションもついています。信頼性を気にする企業様も安心してお使いいただけます。

各種設定はブラウザから行うことができ、通話の発着信履歴が管理画面からいつでも確認できることはもちろん、有料オプションでIVR(自動音声応答)やZendeskとの連携などさまざまな機能が備わっています。Zendeskと連携していることで顧客情報を把握しながら対応できるので、コールセンター業務で役立てることができます。
また、スマビジ同様、スマートフォンから会社の固定電話の番号で発着信が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
テレワークが進む中、クラウドPBXは今や欠かせないツールとなっています。また会社携帯をすでにお使いの企業様でも、社員間通話が無料になるというのは魅力的ですよね。
気になる方はお気軽にご相談ください。

【参考】

< LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

モバイルデバイス管理とは
~業務用端末に必要な管理を教えます~ >

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 5

    社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介
  • 社用携帯を導入すると何がいいの?会社携帯導入ノウハウをご紹介

    2021年現在、昨今の在宅勤務などさまざまな働き方が出てきている流れを受けて、社用携帯の導入を検討している法人様は多いのではないでしょうか。2015年にMM総研が従業員100名以上の法人503社において実施した調査によると、法人名義の携帯電話・PHS、スマートフォンのいずれかを現在従業員や役員等に「配布している」企業は全体の72.6%、「配布していない」企業は27.4%でした。