スマートAIカメラとは?スマホで店舗・オフィス管理が可能に!|法人携帯テレニシ.biz

スマートAIカメラとは?スマホで店舗・オフィス管理が可能に!

スマートAIカメラとは?スマホで店舗・オフィス管理が可能に!

ソフトバンクが2020年10月14日から提供を開始した、侵入者発生時などのプッシュ通知やアクシデント発生時のスピーディーな映像確認、混雑状況の解析までできる「スマートAIカメラ」。小売業や飲食店を中心とした対面業務のDXにつながるとして、今注目を集めています。


Gatewayを搭載したクラウドIPカメラで、「店舗やオフィスの警備をしたい」「不正なPOSレジ操作を早期発見したい」「温湿度を管理したい」「混雑状況を可視化して効率的な運営をしたい」といった課題を解決するソリューションです。


今回はスマートAIカメラの概要や特徴、スマートAIカメラの導入メリットをご紹介します。スマートフォンを利用して、リアルタイムで店舗・オフィスの遠隔管理が可能になるサービスをご検討中の方は、当記事を参考にしてみてください。

1.スマートAIカメラとは?

ソフトバンクが提供するクラウド型「スマートAIカメラ」は動体検知センサーを搭載し、1台で多様な用途に利用できるIoTカメラです。

クラウドの特性を活かして、ライブ映像と録画の映像再生機能を提供しています。撮影した映像データをクラウド上で保存するので、専用のアプリをインストールしたスマートフォンやパソコンで、リアルタイムで店舗やオフィスを閲覧・管理可能です。


アナログカメラを利用する従来の監視システムでは、レコーダやハードディスクを設置する必要があったため、物理的なスペースを確保したりコストがかさんだりするといった課題がありました。

しかしスマートAIカメラなら、すべての映像データはクラウドに保存されます。そのためスマートAIカメラを導入すると物理的な機器やスペースの確保から解放され、PCやスマートフォンでネットワークに接続すれば、いつでもどこでも映像を視聴可能になり運用・管理の効率化につながるわけです。

実際に、アナログカメラによる複数店舗の遠隔管理は、リソース確保の面からみても難しいといえるでしょう。複数店舗を運営しているケースでは、スマートAIカメラを導入することで店舗ごとに設置されたカメラの映像を一元管理できるようになるため、管理のために割く従業員の省人化が可能になります。

そのため小売業や飲食店を中心とした対面業務において、スマートAIカメラへのニーズが急速に高まっているのです。

※AI搭載はV4-AIモデルのみです。

2.スマートAIカメラの特徴

クラウドとシームレスに連携を図ることで、これまでにない緻密かつ迅速な遠隔管理を実現するソリューションがスマートAIカメラです。ここでは、スマートAIカメラの特徴を詳しくご紹介しましょう。


スマートAIカメラ本体の基本性能は次のとおりです。

  • フルHDの高精細な映像録画
  • IP66の防水・防塵規格準拠により屋外での利用が可能
  • 暗視対応
  • 130度の広角撮影に対応
  • 有線・無線LAN接続に対応

スマートAIカメラのサービス機能は次のとおりです。

  • 完全クラウド保存(24時間365日クラウド録画、映像データの保存期間は30日間)
  • イベント連動(POS操作時やセンサー検知)
  • クラウドモニタリング(ライブによる映像監視機能)
  • AIによる各種解析

カメラ本体の基本性能の高さはもちろんのこと、ほかのIoTデバイス・各種センサー・POSシステムなど外部機器連携、モーション検出やAIによる各種解析も含めた点が、スマートAIカメラの大きな特徴といえます。

さらに映像再生機能では、最大36台のライブ映像を同時視聴可能。アプリでは日時・連携機器イベント指定による録画映像の再生ができます。


アプリを利用したスマートな録画再生機能は次のとおりです。

  • ライブ映像を視聴
  • 日時を指定して映像を視聴
  • POS操作時の映像のみを抽出
  • センサー検知時の映像のみを抽出

動体センサーがついており人の侵入なども検知可能。リアルタイムに通知を受け取れるほか、データを収集して管理者画面から事象発生時の映像だけを確認できます。

音声の入出力にも対応。映像と一緒に音声を確認したり、侵入者発見時には管理者画面からカメラを通して注意喚起を行ったりもできます。

AIによる人物検出機能がカメラに搭載されているため、混雑度の解析も可能。アプリを利用すればリアルタイムの人数カウントとテーブル毎の満席・空席状況を可視化できます。

スマートAIカメラを導入すれば、店舗・オフィス管理のDXが可能なり、スマートな運用体制へ移行できるでしょう。

3.スマートAIカメラを導入することのメリット

スマートAIカメラの導入メリットは「犯罪の早期発見」「作業時間短縮」「店舗状況の可視化」の3つです。

ここでは、それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

(1)犯罪の早期発見

スマートAIカメラは、防犯カメラを設置して店舗やオフィスを警備したい方に最適なサービスです。

設定した検知エリア内においてモーションを検知した際に、スマートフォンに通知を送信できるため、夜間など営業時間外の不審者を検出できます。

人物を検出したら、イベントとして記録することで被害を未然に抑制可能です。


POSシステムに登録されている売上金額とレジ内の現金が合わないといった課題を抱えている場合には、POS操作時の映像のみを抽出して、内引きなど従業員による窃盗の可能性をスピーディーにチェックできます。

犯罪ではありませんが、徘徊行為等の早期発見も可能になるため、巡視業務の省人化にも役立てることが可能です。

(2)作業時間短縮

スマートAIカメラでは、以下のような外部機器と「連携」しイベント連動させることで、イベントリストに従って映像を閲覧することが可能です。

POSが操作された際の映像のみ、各種センサーが検知した際の画像のみをスピーディーに抽出できます。

そのため、これまで映像確認に要していた作業時間の大幅な短縮につながるというわけです。


  • POS(販売時点情報管理)システム
  • ドアの開閉センサー
  • 施錠・開錠センサー(スマートロック)
  • 温湿度センサーなど

例えばドアの開閉をイベントとして設定すれば、特定エリアで不審者によるドアの開閉を検知した場合に、イベント発生としてスマートフォンにプッシュ通知できるので、異常を効率的に発見できます。

設定した範囲外の温湿度を検知した場合にもプッシュ通知を受け取れるので、快適なオフィス・店舗環境を効率的に維持することも可能です。

(3)店舗状況の可視化

「リアルタイムの空席状況を把握できれば売上向上につながるのに」とお考えの飲食店や「混雑状況が可視化できれば、効率的な受診案内ができるのに」とお考えのクリニックも多いことでしょう。


スマートAIカメラを導入し、Google PlayあるいはApp Storeを検索してアプリをインストールすれば、カメラに搭載されたAIが店舗の混雑状況をグラフ化してくれます。

リアルタイムな混雑率、来店数、空席をリアルタイムで可視化できるので、店舗運営の効率化に役立つソリューションといえるでしょう。

4.まとめ

店舗運営の効率化とセキュリティを両立できる、最適なソリューションがスマートAIカメラです。

動体検知センサーを搭載したスマートAIカメラが、人の侵入などをモーションを検知してプッシュ通知を出すほか、ほかのIoT機器のデータも収集できるため、万が一の際の状況把握も容易になります。


スマートフォンやPCを使ってネットワークに接続すれば、いつでも遠隔で店舗やオフィスの防犯、内引きなど不正なレジ操作の早期発見、混雑状況や温湿度を可視化。

特に複数店舗を展開する飲食店や小売業など、対面業務のDXとしておすすめのサービスです。


映像はクラウドに保存されるので、ローカル保存のように物理的なスペースや機器を確保する必要もありません。

店舗運営の効率化とセキュリティを両立できるサービスをご検討中の方は、この機会にぜひお問い合わせくださいませ。

【参考】

<オンライン医療相談アプリ「HELPO」とは?
スマホ1つで企業の課題と従業員の課題を同時に解決!

電子請求書システム導入で業務効率アップ!
おすすめのシステムを紹介>

人気のお役立ち記事 月間ランキング

  • 1

    会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは
  • 会社携帯、休日も対応すべき?電話がかかってきた時の適切な対処法とは

    営業職であれば会社携帯を支給されて、日々の業務連絡や顧客対応のために利用している方も多いでしょう。せっかくの休日にもかかわらず取引先やクライアントから会社携帯に着信があった場合に、どのように対応すれば良いのでしょうか?休日の電話対応は、できるだけ避けたいものです。

  • 2

    LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説
  • LINE WORKSとLINEの違いについて徹底解説

    昨今のテレワーク推進により会社員の働き方が大きく変わり、在宅ワーク中の従業員・取引先との情報共有など、社内外の相手とのやりとりをより効率化するためのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットツール「LINE WORKS」を導入する企業が増えています。

  • 2

    会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?
  • 会社携帯3大キャリアを徹底比較!本当はどこで契約するのがおすすめ?

    あなたは自社に合った会社携帯の契約方法をご存知ですか?テレニシでは多くのお客様から「会社携帯の料金を見直したいがどのキャリアが一番安いのか」「LINE等アプリを使いたいがどのプランがお得なのか」「アフターフォローがしっかりしているキャリアはどこなのか」などご質問をいただきます。

  • 4

    個人事業主の携帯料金は経費にできる?
  • 個人事業主の携帯料金は経費にできる?

    事業と生活の明確な区別がつけづらい個人事業主の方は、「何がどこまで経費になるのか?」「これは計上しても良いのか?」と迷うことが多々あるかと思います。事務所兼自宅となっている住居に関連する費用や、自家用車の車両費やガソリン代、そして、個人の携帯に関する費用などは、特に悩む方が多いのではないでしょうか。

  • 5

    会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?
  • 会社携帯の履歴はどこまで確認できるのか?

    業務効率化を期待してスマホを会社携帯として社員に支給する場合、社員が法人携帯を使って業務とは関係ないSNSや動画の閲覧など私的利用する可能性を踏まえた対策をする必要があります。私的な電話・メールの使用やインターネットを利用した問題行動が起きている場合に、管理者側でどこまで履歴を確認できるのか使用状況の確認方法を知っておきたい、あるいはプライベートな利用を防ぐ対策をしておきたいとお考えの方も多いでしょう。