y_cv

IT点呼キーパー|自動車運送事業における労働環境の改善について~社員の定着と労働生産性の向上~

運送事業者の経営改善 コラム3画像

②運送事業者の経営改善

運送事業は労働集約的な色彩が強く、技能向上による付加価値向上も限られています。その為、労働生産性の向上や労働時間の短縮には事業者の経営体質の強化が欠かせません。
経営改善のポイントとして、主に以下の様な点が挙げられています。


  • 経営基盤の強化
    経営規模の拡大(他社との共同化・協業化、事業協同組合の活用など)
    労働時間削減目標の設定と管理など
  • ITを活用した運行管理の効率化
    デジタコ等を活用した運行管理、労働時間管理
    IT点呼など

特にIT点呼は、2016年の法改正により要件が緩和され、利用の幅が広がっています。事務員の少ない営業所の点呼を他の拠点運行管理者が肩代わりして行うことができるほか、点呼簿等を自動で作成できる機能を持つものもあり、導入の効果が期待できます。

運送事業者の経営改善 コラム3画像

③適正取引の推進

ドライバーの処遇改善や再生産可能な(事業継続可能な)運賃水準を実現していく為にも、輸送業務の適正取引の推進に取り組んでいく必要があります。
主な取り組みとして、以下のことが挙げられています。


  • 書面化・記録化の推進
    契約の書面化
    荷待ち時間の記録(2017年義務化)
    荷役作業等の記録(2019年義務化)など
  • 適正運賃・料金の収受
    標準貨物自動車運送約款(2017年改正)に準拠した料金体系への転換
    再生可能な運賃の設定
  • 多層化の改善
    公正な取引ルールの理解と順守物流
    特殊指定・下請法の理解と遵守
  • コンプライアンス経営の強化
    コンプライアンス経営の推進(自動車運送事業者の働きやすい職場認証制度の活用)
    行政処分の強化
運送事業者の経営改善 コラム3画像

④人材の確保・育成

人材の確保・育成は事業継続のための柱となるものです。特に慢性的な人手不足を解消するためには、女性や高齢者、若い人に魅力ある職場として支持されることが必要です。その為にもワークライフバランスの実現やキャリアパスを描くことのできる体制や制度の整備が重要となります。
人材の確保や育成策として、以下の様な点が挙げられています。


  • ドライバーの処遇改善
    給与体系の見直し
    長時間労働の改善(長時間労働前提の仕組み・意識の改革)
    週休2日制の導入・完全実施など
  • 職場・会社の魅力度アップ
    標賃金アップ(人材確保の大前提/労働時間短縮をカバーする賃金体系)
    女性、高齢者も働きやすい職場・会社づくり(トイレ・更衣室等の施設や育休等の制度の整備など)
    働き甲斐のある職場・会社づくり(資格制度・研修制度の導入など)
  • 若年労働者確保に向けた取り組み
    新卒者へのアプローチの実施(インターンシップの受け入れなど)

まとめ

今後、自動車運送事業において社員の定着を図っていくには、女性・高齢者・若年層を含む全ての年代の社員から受け入れられる魅力ある職場作りを進めていくことが大事になってきています。
その為には、単に待遇改善策のみを考えるのではなく、待遇改善を実現させるための体質改善(労働生産性の向上)や荷主との関係改善など経営環境の見直しが必須となってきています。
その上で、将来のキャリアパスが描けるような体制や教育制度を整えていき、会社と共に社員も成長していける会社を目指すことが重要なのではないでしょうか。


【出典資料】
トラック運送業界の現状と課題、取組について|全日本トラック協会
自動車運送事業等における労働力確保対策について|国土交通省
< Gマーク更新【2021年度】
~認定継続のメリット~
  
トラック運送業界における感染予防対策について >

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について
  • 法改正・規制
    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について

    昨今飲酒運転による死傷事故によりその危険性はますます注目され、飲酒運転に対する世間の目は厳しくなっていることもあり、運送業界としても飲酒運転の防止の取組に力が入れられています。重大事故を受けた新たな安全対策が策定されたこと、自動車の先進安全技術の普及が進みつつあること、自動車事故をめぐる状況変化などの動向を踏まえ、平成21年3月に公表された「事業用自動車総合安全プラン2009」が改定され、平成29年6月に「事業用自動車総合安全プラン2020」が公表されました。

  • 3

    助成金・補助金を活用しよう~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう ~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 4

    点呼とトラック運行指示書のポイント
  • 時事ネタ
    点呼とトラック運行指示書のポイント

    2016年1月に発生した軽井沢スキーバス転落事故では、運行前点呼を実施しておらず、会社がドライバーに渡していた運行指示書には出発地と到着地のみしか記載されていないなどの杜撰な運行管理が明るみに出て大きな問題になりました。国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として全国の貸切バス事業者計310事業者を対象に集中監査を実施した結果、何らかの法令違反を確認した事業者数240(77.4%)、そのうち「運行指示書の作成等が不適切」として96事業者(31.0%)で記載内容や携行に問題があることが分かりました。

  • 5

    運行管理者の選任と届出のポイント
  • 法改正・規制
    運行管理者の選任と届出のポイント

    2020年から流行している新型コロナウイルスの影響により運行管理者試験が延期され、運行管理者の選任予定が大幅に狂ってしまい、困惑されている事業者の方も多かったのではないでしょうか?また、2021年(令和3年)から全面的にCBT試験で行われることが決定しております。運行管理者の確保と運行管理者の業務負荷軽減は、多くの自動車運送事業者にとって早急に改善を図りたい重要課題の一つとなっており、常に頭を悩ます問題として意識されていることと思います。