y_cv

IT点呼キーパー|Gマーク認定とは~IT点呼の導入資格を解説~

Gマークを取得するメリットとは?

Gマークを取得するメリットとは?

一定の基準値をクリアすることで認定されるGマーク制度ですが、Gマークを取得をすることでどんなメリットがあるのでしょうか?
Gマーク認定がある安全性優良事業所に対しては、国土交通省・全日本トラック協会・損保会社によるインセンティブが付与されています。(2019年4月現在)

<メリット1>違反点数の消去

原則的に違反点数の付与期間は3年となっていますが、違反点数付与後2年間の違反点数の付与がない場合、当該違反点数が消去されます。

<メリット2>IT点呼の導入

Gマークがあるのとないのとでは、IT点呼の活用範囲が変わります。活用範囲についてはのちほど詳しくご紹介します。

<メリット3>点呼の優遇

2地点間を定時で運行する場合の他事業所における点呼や、同一敷地内に所在するグループ企業間における点呼が承認されます。

<メリット4>補助条件の緩和

CNGトラック等に対する補助について、新車のみの導入に係る最低台数要件が1台に緩和(通常3台)されます。

<メリット5>安全性優良事業所表彰

安全性優良事業所のうち、連続して10年以上取得しているなど、特に高いレベルの安全性を実現していると認められた事業所は、国土交通省からの表彰を受けることができます。

<メリット6>基準緩和自動車の有効期限の延長

基準緩和自動車が適切に運行されている場合、緩和の継続認定において有効期間が最長4年間まで延長(通常2年間)されます。

<メリット7>特殊車両通行許可の有効期間の延長

特殊車両の通行許可について、一定の要件を満たす優良事業所の車両の場合、許可の有効期間が最長4年間まで延長(通常最長2年間)されます。

<メリット8>トラック協会の助成事業の優遇

都道府県トラック協会の会員事業者に対する助成事業について、予算の範囲内で次の優遇措置が受けられます。
①ドライバー等安全教育訓練促進助成制度

  • 特別研修への受講料助成金の増額(通常7割⇒全額助成)

②安全装置等導入促進助成事業

  • IT機器を活用した遠隔地で行う点呼に使用する携帯型アルコール検知器への1台につき、2分の1、上限2万円の助成

③経営診断受診促進助成事業

  • 経営診断助成金の増額(通常8万円⇒10万円)
  • 経営改善相談助成金の増額(通常2万円⇒3万円)

<メリット9>損保会社の保険料の割引

損害保険会社及び交通共済の一部では、運送保険または自動車保険等において独自の保険料割引を受けることができます。

<メリット10>交通事故が減る

安全優良事業所となるので、安全への意識が会社全体で高まります。その結果交通事故が減り、事故が減れば保険料も下がりますので、経費の削減にもつながります。

<メリット11>対外的な評価が上がる

数少ない安全優良事業所となると、荷主だけでなく消費者からの信用も高まります。
会社のイメージが良くなると、採用も人が集まりやすくなります。


レベルの高い資格とあって、取得したときのメリットは大きいですね。

GマークがあるかないかでIT点呼がどこまで使えるかが変わる

GマークがあるかないかでIT点呼がどこまで使えるかが変わる

Gマーク認定がある事業所では、事業所間、事業所車庫間、事業所遠隔地でIT点呼の導入が可能です。
Gマーク認定がない事業所がIT点呼を導入する場合には、以下の4つの条件が必要になります。

条件

  1. 運輸開始後3年経過している
  2. 過去3年間、第1当事者となる自動車事故報告規則に掲げる事故を引き起こしていない
  3. 過去3年間、点呼の実施違反に係る行政処分を受けていない
  4. 適正化実施機関の直近の巡回指導評価がD、E以外であり、点呼に関する指摘がない場合又は点呼に係る改善報告書が3か月以内に提出され改善が図られること

この条件を満たすと、Gマークがなくても事業所車庫間でIT点呼を導入することができます。
Gマーク認定がある事業所の方がIT点呼の使用範囲が広がるので、Gマーク取得をお勧めします。

IT点呼の導入ステップ

IT点呼の導入ステップ

「IT点呼を導入しよう!」と決まれば、準備に取り掛かりましょう。
導入は以下のような流れで進みます。

1. 導入準備

矢印

2. 機器・ソフトウェア準備

矢印

3. 事業所管轄の運輸支局へ申請

矢印

4. 実施前準備

矢印

5. IT点呼実施


機器に関しては何でも良いというわけではありません。
国土交通省が定めた国土交通省認定機器により実施する必要があります。


テレニシのIT点呼キーパーは、2016年から6年連続で、国土交通省が実施する事故防止対策支援推進事業「過労運転防止のための先進的な取り組みに対する支援」のうち、ITを活用した遠隔地における点呼の対象機器として認定されています。
認定には様々な条件があり、IT点呼キーパーはそれらを全てクリアした製品です。毎年助成金補助金受付の時期には、助成金補助金を使い導入していただく企業様も増えています。

まとめ

IT点呼は使用要件も広がり、導入企業が増えてきています。
ITツールを活用することで、運行管理者の労働時間の削減・点呼効率化による業務工数削減など業務効率化することが可能です。
Gマークの申請は毎年7月上旬~中旬に実施されています。
Gマークの取得と合わせ、IT点呼の導入を検討してはいかがでしょうか。


【参考URL】
2021年度 貨物自動車運送事業安全性評価事業 申請案内|全日本トラック協会
自動車:Gマーク制度(貨物自動車運送事業安全性評価事業)|国土交通省
Gマーク申請案内|全日本トラック協会
Gマーク認定によるインセンティブ|全日本トラック協会
[運行管理業務と安全]マニュアル|全日本トラック協会

< 運行管理者の選任と届出のポイント
Gマーク更新【2021年度】
~認定継続のメリット~ >

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について
  • 法改正・規制
    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について

    昨今飲酒運転による死傷事故によりその危険性はますます注目され、飲酒運転に対する世間の目は厳しくなっていることもあり、運送業界としても飲酒運転の防止の取組に力が入れられています。重大事故を受けた新たな安全対策が策定されたこと、自動車の先進安全技術の普及が進みつつあること、自動車事故をめぐる状況変化などの動向を踏まえ、平成21年3月に公表された「事業用自動車総合安全プラン2009」が改定され、平成29年6月に「事業用自動車総合安全プラン2020」が公表されました。

  • 3

    助成金・補助金を活用しよう~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう ~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 4

    点呼とトラック運行指示書のポイント
  • 時事ネタ
    点呼とトラック運行指示書のポイント

    2016年1月に発生した軽井沢スキーバス転落事故では、運行前点呼を実施しておらず、会社がドライバーに渡していた運行指示書には出発地と到着地のみしか記載されていないなどの杜撰な運行管理が明るみに出て大きな問題になりました。国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として全国の貸切バス事業者計310事業者を対象に集中監査を実施した結果、何らかの法令違反を確認した事業者数240(77.4%)、そのうち「運行指示書の作成等が不適切」として96事業者(31.0%)で記載内容や携行に問題があることが分かりました。

  • 5

    運行管理者の選任と届出のポイント
  • 法改正・規制
    運行管理者の選任と届出のポイント

    2020年から流行している新型コロナウイルスの影響により運行管理者試験が延期され、運行管理者の選任予定が大幅に狂ってしまい、困惑されている事業者の方も多かったのではないでしょうか?また、2021年(令和3年)から全面的にCBT試験で行われることが決定しております。運行管理者の確保と運行管理者の業務負荷軽減は、多くの自動車運送事業者にとって早急に改善を図りたい重要課題の一つとなっており、常に頭を悩ます問題として意識されていることと思います。