y_cv

IT点呼キーパー|クラウドサービスとは?概要からメリットまで分かりやすく解説

クラウドサービスの導入でドライバーの安全を守る コラム4画像

クラウドサービスの導入でドライバーの安全を守る

最近ではクラウドサービスを導入している企業が多くなりましたが、運送業者やバスの運行会社もその1つになります。

運送業向けのクラウドサービスにも様々な種類があります。
例えばクラウド型運送管理システムや配車システム、運送業向けに特化した勤怠管理システムや販売管理システムなどがあり、点呼システムもそれに当たります。これらの運行業務をサポートするシステムは、ドライバーの安全運転を実現します。

真の安全運転を定着させることで、サービスを利用する管理者にとっても良い影響が生まれ、会社全体の業務改善の向上や働き方改革につながります。

クラウド点呼システムで点呼現場を革新 コラム5画像

クラウド点呼システムで点呼現場を革新

クラウド点呼システムとは、様々な点呼機能を一元管理できるシステムです。
これまで手書きで管理していた点呼簿や点呼執行率の確認などの負担軽減にも繋がります。

そしてもう一つ重要なのが、なりすましの防止です。
クラウド点呼システムを使えば、アルコールチェックの測定時は自動でカメラ撮影、そして結果は自動でクラウドへ保存されます。
その結果、対面でも遠隔地でも関係なくリアルタイムで測定結果を確認でき、なりすましやすり抜けを防止することができます。

まとめ

クラウドサービスについて、お分りいただけたでしょうか。
クラウドを導入することで、どこにいてもインターネットを通じて情報を扱えるようになり、様々なメリットが生まれます。

また最近では運送業者向けのクラウドサービスも増えており、企業の「安全」を守るためのシステムが続々と開発されてきています。
クラウドサービスをご検討中の方は、様々な面からどのサービスが自社に合うのかを考え、選択していくと良いでしょう。


【参考URL】
クラウドサービスとは?例を交えて解説!初心者にも分かるクラウド入門
クラウドとは
【初心者入門編】クラウドとは?まず押さえたいメリット・デメリット

< バス・タクシー事業所−車庫間のIT点呼が可能に−
IT点呼キーパーの導入で運行管理者の働き方が変わる >

人気のコラム 月間ランキング

  • 1

    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~
  • 法改正・規制
    正しい点呼で違反を防ごう~運送業における正しい点呼とは~

    北陸信越運輸局が令和元年6月に公表した平成30年度の自動車運送事業者の行政処分の内容分析結果では、自動車運送事業の最多違反は点呼との発表がありました。正しい点呼を行えていると思っていても違反となる場合や、分かっていても正しい点呼を実施することが負担となる場合など理由は色々と考えられます。少しでも点呼に関する違反の削減につながるよう、ここで改めて、正しい点呼の方法や点呼に関する違反時の罰則についてご紹介します。

  • 2

    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について
  • 法改正・規制
    酒気帯び運転(飲酒運転)事故と罰則について

    昨今飲酒運転による死傷事故によりその危険性はますます注目され、飲酒運転に対する世間の目は厳しくなっていることもあり、運送業界としても飲酒運転の防止の取組に力が入れられています。重大事故を受けた新たな安全対策が策定されたこと、自動車の先進安全技術の普及が進みつつあること、自動車事故をめぐる状況変化などの動向を踏まえ、平成21年3月に公表された「事業用自動車総合安全プラン2009」が改定され、平成29年6月に「事業用自動車総合安全プラン2020」が公表されました。

  • 3

    助成金・補助金を活用しよう~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~
  • 時事ネタ
    助成金・補助金を活用しよう ~2020年度:運送事業者向け助成金・補助金まとめ~

    皆様は助成金・補助金制度を活用されたことはありますか?運送業は労働者の雇用機会が多く、目的に合わせて様々な施策で助成金・補助金を活用することが可能なため、他業種と比較して申請できる助成金・補助金が沢山あります。この機会にぜひ、助成金・補助金の受給をご検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 4

    点呼とトラック運行指示書のポイント
  • 時事ネタ
    点呼とトラック運行指示書のポイント

    2016年1月に発生した軽井沢スキーバス転落事故では、運行前点呼を実施しておらず、会社がドライバーに渡していた運行指示書には出発地と到着地のみしか記載されていないなどの杜撰な運行管理が明るみに出て大きな問題になりました。国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として全国の貸切バス事業者計310事業者を対象に集中監査を実施した結果、何らかの法令違反を確認した事業者数240(77.4%)、そのうち「運行指示書の作成等が不適切」として96事業者(31.0%)で記載内容や携行に問題があることが分かりました。

  • 5

    運行管理者の選任と届出のポイント
  • 法改正・規制
    運行管理者の選任と届出のポイント

    2020年から流行している新型コロナウイルスの影響により運行管理者試験が延期され、運行管理者の選任予定が大幅に狂ってしまい、困惑されている事業者の方も多かったのではないでしょうか?また、2021年(令和3年)から全面的にCBT試験で行われることが決定しております。運行管理者の確保と運行管理者の業務負荷軽減は、多くの自動車運送事業者にとって早急に改善を図りたい重要課題の一つとなっており、常に頭を悩ます問題として意識されていることと思います。